事業許可持つ会社と提携図る=違法性認識か-小型機墜落事故

時事通信社 3月29日(水)19時36分

東京都調布市で2015年7月、小型機が墜落した事故で、航空法違反容疑で書類送検された「日本エアロテック」(同市)の小山純二社長(63)と川村泰史機長=事故で死亡、当時(36)=が操縦訓練事業の許可を持つ会社に業務提携を持ち掛けていたことが29日までに、関係者への取材で分かった。警視庁調布署捜査本部は、2人が違法性を認識しながら有償で操縦訓練を続けていたとみている。 →続きを読む







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×