文化祭や運動会、開店祝いなどで見る「くすだま」、その由来は?元々の使われ方は違った?

2023-03-20 15:30

イベントの際に欠かせないものの1つ、それが「くすだま」です。
現代の「くすだま」は祝い事の際に使用されることが多いです。
しかし、そもそもこれら「くすだま」はどこから来たものなのでしょうか?

今回はそれら「くすだま」について紹介します。
特に由来や語源とされるものについて解説します。

現在の「くすだま」

まずは現代の「くすだま」がどのようなものか見ていきましょう。

「くすだま」の形状

そもそも「くすだま」がどのようなものなのかというと、薬草や香草や香料を錦の袋に詰めて袋状にしたものを言います。
その袋状の玉に造花などで飾り付けをするのが定番です。
それらを天井から五色の糸で垂らして飾るのが「くすだま」です。

近年では折り紙などを張り合わせて作るものも多くなっています。
今では特に深い意味はないものの、昔は延命長寿や無病息災の願いが込められていたのだとか。

現在イベントなどで用いられる「くすだま」は、ほとんどが割り玉と呼ばれるものとなっています。

「くすだま」が使用される場面

現在ではイベント用の装飾、特に割り玉として使われます。
本来の「くすだま」は必ずしも割るものではありません。
しかし、近年は「くすだま=割り玉」という印象が強いです。
特に現代の「くすだま」は紙吹雪やテープ、鳩などを入れて使用する派手なものが多いとされます。

くすだまの由来

では「くすだま」はどこから来たものなのでしょうか?

原型は中国から伝わった「薬玉」

「くすだま」の原形は中国から伝わった「薬玉」とされています。
かつて中国では魔除けに使用する道具として「薬玉」を飾っていたそうです。

特にそれら「薬玉」を端午の節句などに使用していたのだとか。
それが平安時代に日本にも伝来したと考えられています。
事実、日本でも端午の節句で魔除けとして使用していた歴史があるそうです。

宮中文化として定着した「薬玉」

昔、宮中では5月5日に「薬玉」を下賜する風習がありました。
特に平安時代の宮中では諸人肘に「薬玉」をかけて長命のおまじないとしたのだとか。
さらに、9月9日重陽の節供(菊の節供)の際には菊花を絹に包んだものと取り替える風習もあったそうです。

これらは現代の「くすだま」とは若干異なるが、その原形になったとされとされています。
事実、当時貴族の間で贈答も行われていたことが「枕草子」「源氏物語」などに記載されています。
つまり、「くすだま」は平安時代からあったものなのです。

現在のくす玉が普及したのは年末のあの番組?!

現在の「くすだま」が定着したのはある番組が関係しています。
最後にそれら「くすだま」が普及した背景をまとめます。

「紅白歌合戦」の演出で使われたのが定着した?

「くすだま」はNHKの「紅白歌合戦」の演出として用いられたのが、定着したとされています。

事実、1955年の第6回「紅白歌合戦」で使用されています。
当時は優勝したチームがそれら「くすだま」を割り、華やかなフィナーレの演出として活用されていたようです。
ちなみに、紙吹雪・風船・紙テープを使用した演出も「紅白歌合戦」からだと言われています。

縁起物なので「久寿玉」とも表記される

「くすだま」は縁起物という意味で「久寿玉」とも表記されます。
近年でもそういった表記がされていることもあります。

また、この表記は岐阜の日本酒の名前にも使用されているそうです。
これは百薬の長という意味の「薬玉」にちなんでいるのだとか。
このように「くすだま」は日本にとって重要な役割を持つ縁起物の1つとされているのです。

まとめ

「くすだま」はイベントなどで使用される割り玉を指します。
しかし、もともとは中国の「薬玉」と呼ばれるものが原型で、それが平安時代に日本に伝わってきたとされています。
それがNHKの「紅白歌合戦」で一般にも広まったのだとか。

関連記事はこちら

  1. 遠野なぎこさん 「もぉ、地獄」「急に気持ちが悪くなり」 体調不良を明かす 「人間の身体って、こんな風にSOSを出すんだね」
  2. ブラザー・コーンさん「中居正広からお見舞いが届きました」中居さんからの手紙「ガン晴りましょう」も披露 1日には抗がん剤の副作用での疲れを告白
  3. 【ロッテ】9回2死満塁、小川が11球粘って同点押し出し 中盤に勝ち越し許すも土壇場で引き分けに
  4. AMDアワード2023年 大賞に日曜劇場「VIVANT」
  5. 「独立反対、祖国統一」全人代で李強首相強調 経済面での取り込み図る方針維持か 「平和的統一」文言消え警戒する声も
  6. 同性パートナー遺族給付金訴訟 最高裁弁論「パートナー失う損害は異性同士カップルと差はない」原告側訴え
  7. ディズニーランドでシンデレラ城を撮ろうとすると・・・とあるものが高確率でフレームインしてくる(笑)
  8. 『首、どこいった?』黒猫の体の一部がわからなくなってしまった姿に「収納式…?」2.2万いいねを集める
  9. パピーの訪問に盛り上がるわんこ姉妹と控えめな弟わんこ「立ったまま寝ちゃった!」「優しい対応にほっこり♡」
  10. アルゼンチン国営通信の業務停止、大統領が左派の「プロパガンダ機関」と非難 閉鎖を宣言
  1. 「うまい話があると思ってしまった」小6男児が同級生に93万円支払う【ひるおび】
  2. 「投光器が発火させるほどの高熱を発していることを認識できた」5歳児死亡 東京・明治神宮外苑オブジェ火災 元学生に罰金50万円 東京簡裁
  3. 強盗傷害容疑で逮捕の声優男性(48)を不起訴 東京地検
  4. 【独占入手】「ルフィ」Gのかけ子・山田李沙被告の手記 東京・狛江強盗事件で90歳女性が死亡したことに幹部らが“焦る”場面も…
  5. 「今週 関東は2回雪のタイミング」あすにかけて関東山沿いで大雪 金曜日は東京でも雪の可能性
  6. “フランスのスパイダーマン”がフィリピンの高層ビルに出現 登頂に成功も警察に拘束
  7. みずほ銀行が10年ぶりの新規出店 口座開設特化型の店舗
  8. 習近平国家主席の肝いり“理想都市”とは? 「雄安新区」に6年で10兆円以上投資 「深セン」との大きな違いは“自由参入”が認められていないこと
  9. マイナス金利解除はいつ? 住宅ローン金利など生活への影響も カギは春闘
  10. スーパーチューズデー直前にトランプ氏が“大きな勝利” 連邦最高裁が大統領選への出馬資格認める
  11. Uber Eatsがあすから国内初の自律走行型ロボットを使ったフードデリバリー 東京の日本橋周辺で開始 順次サービス範囲を広げていく予定
  12. 森永卓郎さんの「フェイク音声」も… 株価4万円超や新NISA、高まる“投資熱”の裏で手口が巧妙化 有名人をかたる投資詐欺【news23】