「青息吐息」とはどんな意味?「青息」とはどんな息?

2023-04-04 02:30

苦痛に悶えている際に発する息のことを「青息吐息(あおいろといき)」と言います。
転じて「青息吐息」は苦しく困っている状態のことも指します。
しかし、なぜそのような状況で吐く息を「青息」と表現するのでしょうか?

今回はそれら「青息吐息」という言葉について解説します。
ここでは特に「青息」が何を指しているのかについて説明します。

「青息吐息」とは

まずは「青息吐息」の意味などについて見ていきましょう。

「青息吐息」の意味

「青息吐息」とは、非常に困った時や極めて苦しい時に発するため息のことです。

とても簡単に表現すると、元気を失った際に思わず漏れてしまうようなため息のことを言います。

「青息吐息」はそれらため息が出てしまうほど思い悩んでいる様子なども指す言葉です。

心労や苦労の表現として用いる

「青息吐息」は心労や苦労が重なって出るため息のことを言います。

心身ともに疲れ果てると息づかいすらも苦痛に満ちてきます。
それらの様子を表現した言葉が「青息吐息」だと言われています。

なお、これらの言葉は江戸時代にはすでに使用されていたのではないかと考えられています。
実際に過去にも用例がいくつか見られる言葉です。
それが現代にも残っているということになります。

現在でも苦しい時や困った時には「青息吐息」で表現できるので、心労や苦労が絶えない方は覚えておきましょう。

「青息吐息」の由来

では「青息吐息」はどこから来た言葉なのでしょうか?
そもそも「青息」とは何を表しているのでしょうか?

「青息」はどんな息?

「青息」は苦痛に堪えかねて吐く息のことを言います。
ここでは弱り切って吐く息のことを表していると言えるでしょう。

これら「青息」という言葉は、気分が悪くて顔が青くなってしまう様子から来ているという説があります。
また、嘔吐した様子などから来ているという話もあるとか。

それら絶不調の際に出る息こそ「青息」なのです。

「吐息」はため息

「吐息」は単純にため息のことを言います。
これらは多くの場合、がっかりしたニュアンスで使用されます。
しかし、現代ではほっとした意味合いでも使用される言葉です。

そのため、単に「吐息」だけではネガティブともポジティブとも言えないかもしれません。

その一方で「青息」が重なると意味が変わってきます。
実際に「青息吐息」という表現は両者の「息」を重ねることで意味を強めた表現とされています。

つまり「青息吐息」は「青息」に「吐息」を掛けた表現なのです。

「青息吐息」の類義語

最後に「青息吐息」の類義語を見ていきましょう。
「青息吐息」の類義語には「虫の息」や「意気消沈」「灰心喪気」などがあります。

虫の息

「虫の息」とは、弱り果てて今にも絶えそうな呼吸のことです。

虫のように小さな生き物の呼吸は、非常にかすかなものです。
それくらい弱っていることを言った表現が「虫の息」となります。
まさに心身ともに衰弱しているような様子が「青息吐息」と共通していると言えるでしょう。

意気消沈

「意気消沈」とは、元気がなくなってしまうことを言った四字熟語です。

「意気」は気概のことを意味します。
「消沈」は気力などが萎えることを言います。
つまり意気込みが消えてしまっている様子のことを指すわけです。

特に精神的に落ち込んだり、肉体的に衰えたりすることを言います。
それら心も体もしょげてしまうという点が「青息吐息」と同じと言えます。

灰心喪気

「灰心喪気」とは、がっかりして元気を失うことです。

「灰心」は燃えカスの灰のように心が折れることを言います。
「喪気」は元気を失ってしまうこと指しています。

それら廃人のようになってしまう様子が「青息吐息」と共通していると言って良いでしょう。

まとめ

「青息吐息」は心労や苦労が重なった際に出る息を言います。
また、それらの状況に陥っている様子なども指す言葉です。
疲労困憊でストレスが溜まっているような状況などにも使用される言葉です。

これら「青息」は体調が優れない時に出る息を指しています。
特に体調が悪いと顔色が悪くなる他、嘔吐することもあります。
それらの様子を表現したのが「青息」という言葉です。

関連記事はこちら