女性に貢がせる男を「ヒモ」と呼ぶけれど、その由来や意味とは?「ジゴロ」との違いは?

2023-10-08 23:00

「ヒモ」と呼ばれる人は、女性に貢がせる男性のことです。
ろくでなしなんて言われることもある言葉です。

ここでは、この「ヒモ」の意味や由来、さらに似たような表現である「ジゴロ」との違いについて解説します。

「ヒモ」とは

「ヒモ」とは、女性を働かせ、金銭を貢がせたりする人物、特に男性を指します。
また、その行為自体を指すこともあります。

女性の部屋に住んで生活している男性の中で、養ってもらっている人という意味で用いられることも。

ヒモ男

女性に面倒を見てもらっている男性を「ヒモ男」と呼びます。
また、そのような男性を指して「ヒモ」とだけ呼ぶこともあります。

女性に貢がせる男性のことであり、女性に貢ぐ男性の表現ではありません。

ヒモ女

男性の面倒を見ている女性のことは、「ヒモ女」と呼ばれることがあります。
また、「ヒモ付き」と呼ぶこともあります。

注意したいのは、ヒモ女は男性に貢がせる女性のことではないという点です。
視点によって意味合いが変わり、主に男性に貢ぐ女性のことを表す言葉となのです。

「ヒモ」の由来

本来、「紐」という言葉は何かを縛ったり括ったり結んだりする糸や繊維を束ねたもののことです。
しかし、古くから男女の繋がりを紐に例えることが多いことから、「ヒモ」という言葉が生まれたと考えられています。

貢がせる意味はなかった

古くから夫婦や恋人が別れる際、お互いの紐を解いて結び合い、再び会う日までその紐を解かないという誓いの意味で「紐」という言葉が使われていました。
その背景から、かつては一見すると独り身のように思われる女性に恋人がいることを「紐が付いている」と表現していました。

もともと紐という言葉自体に、貢がせるという意味はなかったということです。
しかし、いつしか夜の店で働く女性などに対し、特定の男性がいないと思っていたのに恋人がいる状態のことを「ヒモ付き」と呼ぶようになっていきました。

これが裏にいる男性が手を引いて女性に働かせて貢がせているという状況ということで、その行為自体を「ヒモ」と呼ぶようになったと考えられています。
もしくは、そうさせている男性を「ヒモ」と呼び、女性を「ヒモ付き」と呼ぶようになったといわれています。

「ジゴロ」との違い

ヒモと同じような用い方をされる言葉として、「ジゴロ」があります。
ここからは、この「ジゴロ」について見ていきましょう。

「ジゴロ」とは

ジゴロとは、女性からお金を得て生きている男性のことで、基本的な意味は「ヒモ」と変わりません。
しかし、ジゴロは「プレイボーイ」や「レディーキラー」「スケコマシ」と呼ばれることもあります。

顔が良いなどの理由から、女性の方が惚れているパターンで用いる言葉となります。

「ジゴロ」の語源

ジゴロは、年上の女性から援助を受けている男性を指すフランス語”gigolo”から来ています。
この”gigolo”というのは、どのようにして生計を立てているのかわからない若い男性といった説明がされていることもあります。

「ヒモ」と「ジゴロ」の対義語

・ヒモ男 ⇔ ヒモ女
・ジゴロ ⇔ クーガー

ヒモ男の対義語は、貢いでいる側に当たるヒモ女となります。

そして、ジゴロの対義語は「クーガー」と言います。
クーガーとは、年下の男性を養う女性のことを意味するアメリカ生まれの言葉です。

ジゴロは男性のみに使われる言葉なのに対して、クーガーは女性のみに使われる言葉となっています。

クーガーと呼ばれる女性は無理やり働かされて貢がされている訳ではなく、お金持ちな上、相手よりも年上だったりすることから自分から進んで男性の面倒を見ている女性となります。
また、年下の男性を故意に狙っている女性を呼ぶこともあります。

まとめ

「ヒモ」も「ジゴロ」も女性に貢がせているという点では共通していますが、抱かれる印象が異なる表現です。
「ヒモ」はダメ男のようなニュアンスが強いのですが、「ジゴロ」はモテ男といったニュアンスが強く抱かれます。

まとめ

「ヒモ」は自ら働くことなく、女性に生きるためのお金を貢いでもらっている、養ってもらっている男性のことを指します。
同様の表現として「ジゴロ」がありますが、こちらにはモテる男といったニュアンスが込められています。

  1. 【サンマルクカフェ×桔梗信玄餅コラボ】黒蜜・きなこ・もちもち食感が一体に、期間限定チョコクロ・パフェ・ドリンク
  2. 【ハッピーセット「ポムポムプリン」第一弾レビュー】マクドナルド×サンリオ人気キャラのコラボおもちゃ【朝マックで購入】
  3. マスターズ参戦決定後初の久常涼は69で29位スタート【ゴルフ・メキシコオープン】
  4. 疲弊するウクライナ 侵攻2年 長引く戦争で課題は“徴兵逃れ”「誰もが生きたいのです」【現場から、】
  5. 民間企業初 米国の無人着陸船が月面着陸成功
  6. ウクライナ軍に入る女性4割増 男性総動員の一方で女性兵士が戦場で直面する課題とは【news23】
  7. 3連休初日 関東の一部では積雪も 真冬並みの寒さに
  8. ウクライナ侵攻2年 バイデン政権がロシアに追加制裁へ
  9. 手押し車の80歳男性 遮断機下りて取り残されたか 特急にはねられ死亡
  10. 便秘解消で労働生産性向上?一般用医薬品の非刺激性便秘薬「マグミット®K」発売
  1. スウェーデンで目撃された“白い鹿”まるで神の使いのよう
  2. 【ステーキ宮】4年に1度の肉の日クーポン配信、厚切りキューブロールステーキ+スープバーセット付がおトクな値段に、アプリ会員・SNSフォロワー限定【2月23日~2月29日】
  3. 【ハッピーセット「星のカービィ」第一弾レビュー】マクドナルド初コラボ おもちゃはぬいぐるみ、ワドルディも【朝マック限定クーポンでお得に】
  4. “バブル期”超え 日経平均株価34年ぶりに史上最高値更新 投資バーでは嬉しい悲鳴 でも実感は…あの頃と何が違う?【news23】
  5. 64歳の誕生日を迎えられた天皇陛下 一般参賀で「心からお見舞いをお伝えいたします」能登半島地震の被災地へ改めてお言葉
  6. FUJIWARA・藤本敏史さんが活動再開 去年に自家用車で接触事故
  7. 松井裕樹、圧巻の3者連続Kデビューに「ホッとした」 指揮官も「良いデビューだった」
  8. 手押し車の80歳男性 遮断機下りて取り残されたか 特急にはねられ死亡
  9. 鹿の親子が道路を横断!停車し見守っていると!まさかの当り屋バンビ?
  10. ウクライナ軍に入る女性4割増 男性総動員の一方で女性兵士が戦場で直面する課題とは【news23】
  11. 3月9日“さ・く”は「さけるチーズの日」!制定記念『さけるチーズフェス 2024』が3月9日(土)アーバンドック ららぽーと豊洲にて開催
  12. 3連休初日のきょうは寒い!関東地方の一部で積雪も…24日も気温が低い
  1. 北海道や北陸に咲く「クロユリ」、その花言葉はロマンチックな逸話と恐ろしい伝説から!
  2. ドヤ顔でイタズラをするわんこが可愛すぎる…!「堂々とし過ぎて悪いことじゃないとさえ錯覚させる」爆笑の渦
  3. 犬の『鼻』が持つ驚きの能力3選!人間の嗅覚の何倍ある?赤外線を感知できるって本当?
  4. 充電ケーブルが床にだらしなく落ちていたのが気になる・・。そこでベッドにも調和するいい感じのケーブルホルダーをDIYしちゃいました!!
  5. 『ご飯が待ちきれないチワワ』言葉を失うほどの可愛さと話題に テーブルで尻尾を振る姿に17万人釘付け「たまらなく愛おしい」
  6. まるでスキージャンプ!?猫は家に入ってくるだけで楽しそう!!その様子を見ていた同居犬は・・
  7. レースどころじゃない?キックバイク中に足を止めた男の子がライバルと競い合う途中で発見したのとは・・??【海外・動画】
  8. 実際に乗って操縦できるロボットが開発されて話題に!「ロマンが詰まってる」「いつかガンダム作ってください!」

キューブ・ソフトからのお知らせ