猫の鼻に何かある?シミやほくろを見つけたら疑うべき病気や対処法

愛猫の鼻に見慣れないシミやほくろのような模様があったら、何かの病気なのでは?と気になってしまいますよね。猫の鼻のシミやほくろはなぜあらわれるのでしょうか。疑うべき病気についてお話しいたします。

悪性メラノーマ

鼻を見る猫

猫の鼻にできるシミやほくろは、悪性メラノーマの可能性が考えられます。

悪性メラノーマとは、メラニン色素を作る「メラノサイト」と呼ばれる細胞に発生する、がんの一種です。

一見するとシミやほくろのように見えるのですが、綺麗な円形ではなくいびつな形で境目がわかりにくく、だんだん大きくなって出血や潰瘍を伴うのが特徴です。

悪性メラノーマは、肺や肝臓へ転移する可能性があるだけでなく、再発しやすいガンとも言われています。

万が一悪性メラノーマと診断された場合、最も有効な治療法は、外科的手術で腫瘍を取り除く方法です。

早期発見と早期治療が何より大事になりますので、日頃からスキンシップなどを通じて猫の体に異変がないかチェックしてあげてください。

皮膚糸状菌症

猫の鼻をアップで撮った画像

皮膚糸状菌症は、真菌というカビが猫の皮膚や被毛に付着して増殖する病気で、感染すると脱毛やフケ、かさぶたができる感染症です。

もしも猫が皮膚糸状菌症に感染していた場合、シミやほくろのように黒っぽく見えるのはかさぶたと考えられますが、白っぽいかさぶたができる場合もありますので、油断は禁物です。

皮膚糸状菌症に感染している動物に接触することで感染するため、子猫や高齢猫など免疫力が低下した猫は特に注意が必要な病気でもあります。

動物病院で皮膚糸状菌症と診断されると、投薬や抗真菌薬入りのシャンプーでの薬浴、塗り薬を使用して治療を行います。

個体差にもよりますが、皮膚糸状菌症の治療には数ヵ月~長くて半年以上かかる場合もあると言われています。

病気の感染を予防するためにも、とにかく皮膚糸状菌症に感染している動物と接触させないことが重要です。

人も感染しますので注意しましょう。

扁平上皮癌

上を見上げる白猫

扁平上皮癌とは、皮膚や粘膜に存在する扁平上皮細胞と呼ばれる細胞がガン化し、増殖する悪性腫瘍です。

猫の場合、鼻や耳、口に発生することの多いガンと言われています。

初期段階では、かすり傷やかさぶたなどの症状があらわれますが、皮膚炎やケガとの区別が難しいため、ガンであることに気付かず様子を見る飼い主さんも少なくないようです。

扁平上皮癌が徐々に進行していくと、できものがただれたり、化膿して出血を伴う場合もあります。くしゃみや鼻水、鼻血などの症状があらわれることもあるようです。

猫が扁平上皮癌を発症する原因は定かではありませんが、白猫や白い被毛を持つ猫が発症しやすい傾向にあると言われています。

それ以外にも、紫外線、大気汚染、タバコの煙も、猫が扁平上皮癌にかかる原因になる可能性があると考えられています。

なるべく紫外線に当たらないようにするため、完全室内飼育を徹底することもひとつの予防策になるでしょう。

まとめ

かごの中に入っている猫

いかがでしたでしょうか。

今回は、猫の鼻にシミやほくろを見つけたときに疑うべき病気についてお話しいたしました。

猫の鼻にあるシミやほくろは、汚れや加齢によるものが多いため心配いらないことがほとんどです。

しかし、なかには病気によるシミやほくろである可能性も十分考えられます。

普段から愛猫とのスキンシップを積極的に行い、健康状態を把握することが病気の早期発見につながります。

もしも、愛猫の鼻にこれまでなかったはずのシミやほくろがあらわれたときは、念のためかかりつけの動物病院に相談すると安心です。

関連記事

猫が足を噛む6つの理由と対策
猫と犬が『大量のステーキ』を見たときの反応…まさかの展開が面白すぎると54万7000再生「声出して笑った」「最高w」の声
保護して4日目の子猫に『ミルク』与えたら…尊すぎる光景が12万8000再生の大反響「疲れが吹っ飛んだ」「癒やされる」の声
『狂暴ティッシュ潰し猫』にロケットパンチしてみたら…まさかの表情が面白すぎると63万再生「目つき笑う」「復讐しか考えてなさそう」
猫が『赤ちゃんを初めて見たとき』の反応…初対面の様子がやさしさで溢れていると30万8000再生「可愛すぎる」「幸せだね」と反響

  1. サブスク達人がガチ選び!一流シェフの味が1食680円に、7500円以上得するスイーツまで…「お得サブスクTOP3」【THE TIME,】
  2. 賢い豆柴!目の前に鼻先サイズの小さなわっかを差し出されたら・・どうする?
  3. 「晴海フラッグ」入居開始から半年 “選手村マンション”の実像は? どんな人が住んでいる?価格は?【THE TIME,】
  4. 県立高校男性教諭(54)を逮捕 女子生徒に校内でわいせつ行為 教諭は「やっていない」
  5. 『箱から出たがってた子猫』出してあげたら…直後に『母猫がとった行動』が微笑ましすぎると72万3000再生「幸せ止まらん」「天使」
  6. 新しい警報・注意報等が発表されました
  7. 女の子と2匹の大型犬が『母の帰宅』をお出迎えした結果…テンションMAXな『お祭り騒ぎ』が184万再生「激しすぎw」「疲れ吹っ飛ぶ」と絶賛
  8. 『冷たく衰弱した子猫』を保護して1年後…久々の再会で『成長した姿』に感動「全俺が泣いた」「幸せを感じる瞬間」49万再生突破
  9. 各地で梅雨空 九州南部や東北は激しい雨 土砂災害に警戒 関東は蒸し暑さ続く 午後はにわか雨も
  10. 犬が『生まれたての赤ちゃん』と初めて会った結果…『まさかの反応』が14万再生「予想以上だったw」「初めて見る生物だもんね」と絶賛
  1. 県立高校男性教諭(54)を逮捕 女子生徒に校内でわいせつ行為 教諭は「やっていない」
  2. 「晴海フラッグ」入居開始から半年 “選手村マンション”の実像は? どんな人が住んでいる?価格は?【THE TIME,】
  3. 岸田総理が政権運営継続に意欲 「経済優先」を強調 経済界トップらと懇談
  4. 各地で梅雨空 九州南部や東北は激しい雨 土砂災害に警戒 関東は蒸し暑さ続く 午後はにわか雨も
  5. 北朝鮮が5回目の“ごみ風船” 韓国政府“深刻な経済難”と分析
  6. 子猫が仕事先にいるパパと『ビデオ通話』した結果…反則級の可愛すぎる行動に帰宅待ったなしと11万2000再生「早く帰らないとねw」
  7. 【脳トレ】「螳」の中に紛れて1つ違う文字がある!?あなたは何秒で探し出せるかな??【違う文字を探せ!】
  8. 「どこが違反かわからない」女子高校生のAV撮影容疑で24歳男を逮捕 警視庁
  9. 天皇陛下「将来にわたって一層強く」 日英友好関係団体のレセプションで日英関係の発展を願われる
  10. 小学校に住み着いた心やさしい猫は、世界中に2万5000人のファンをもつ人気者 英国
  11. けんかの仲裁に入った日本人男性が殴られ重体 イタリア北東部ウディネ
  12. 自動販売機でドリンクを買ったら・・ショックなハプニングが!!【海外・動画】