今永昇太 無傷の2勝目 初の敵地でも冷静な投球術、鈴木誠也が決勝の3号、日本人選手の活躍でカブス連敗ストップ

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-04-14 13:14
今永昇太 無傷の2勝目 初の敵地でも冷静な投球術、鈴木誠也が決勝の3号、日本人選手の活躍でカブス連敗ストップ

■MLB マリナーズ 1ー4 カブス(日本時間14日、ワシントン州シアトル、T-モバイル・パーク)

カブスの今永昇太(30)が敵地でのマリナーズ戦で今季3度目の先発。5回1/3、90球を投げて、被安打5、奪三振4、四死球2、失点1(自責点0)で降板。中継ぎ陣がリードを守り切り無傷の2勝目となった。鈴木誠也(29)は1対1と同点の3回に8試合ぶりの3号ソロ、これが決勝点となった。

今永は初となる敵地のマウンドで1回、ストレート中心の攻めで簡単に2死を奪うと、3番・T.フランス(29)にはフルカウントから内角低め、絶妙なコントロールのスプリットで見逃し三振。柔と剛のピッチングで3者凡退に抑えた。

1対0とリードした2回にはエラーとヒットで走者を許すと2死から8番・L.ウリアス(26)には外角低めのスプリットを上手く拾われ、レフト線へ同点となるタイムリーツーベース。今永はメジャー初失点(自責点は0)、デビューからの無失点は11イニングで止まった。

それでも3回、2死走者なしで2番・鈴木誠也(29)がマリナーズ先発E.ハンコック(24)の1球目、84マイル(135キロ)のスライダーを捉えると、レフトスタンドへ8試合ぶりの3号ソロ。打球速度は161キロ、飛距離116.7m、打球角度は35度と高々と上がった綺麗なアーチで2対1とし、今永を援護した。

今永は3回からスイーパー、4回からはカーブと球種を徐々に使いはじめ、マリナーズ打線に狙いを絞らせない投球を見せた。6回に入ると先頭打者の4番・ハニガーにメジャー初の四球、連続無四球も16イニングで止まった。続く5番・ポランコにもスプリットが抜けはじめ、連続四球で無死一、二塁。6番・ガーバーにはストレートを捉えられ三塁線へ、この打球を3塁手のC.モレル(24)がダイビングキャッチでファーストをアウトに。1死二、三塁となった所で降板となった。今永は5回1/3、90球を投げて、被安打5、奪三振4、四死球2、失点1(自責点0)で中継ぎ陣に託した。

2人目M.ライターJr(33)がフルカウントから7番・ムーアにサードへ鋭い打球を打たれたが、またもモレルがジャンピングキャッチ。スーパープレーの連発、そして、代打のD.カンゾーネ(26)をレフトフライに打ち取り、ライターJrは無失点リリーフ。味方が今永の勝ち星の権利を守り切った。7回には2回にエラーを犯した6番・ブッシュが3試合連続となる4号ソロで3対1とリードを広げた。

8回には今永をリードしてきたキャッチャーの9番・M.アマヤ(25)がレフトスタンドへ今季1号となる貴重な追加点。4対1とカブスがリードを広げた。

投手陣も無失点リレーで今永は負けなしの2勝目、決勝打は鈴木の3号ソロと日本人選手の活躍でカブスは連敗を2で止めた。

  1. 1歳5か月の女の子がりんごを詰まらせ死亡 女の子は食事中に眠そうな様子 誤嚥防ぐために保育士が口に指を入れてかき出す 東京の認可外保育施設
  2. 【速報】シンガポール航空の旅客機がタイに緊急着陸 “乱気流”に巻き込まれ1人死亡 69人けが
  3. 「下着を見たり触ったりしていた」 群馬・高崎市の塾講師の男が同僚女性(20代)の自宅に侵入しようとしたか 複数の余罪ほのめかす
  4. 一枚の折り紙から作り出されたのは…昭和レトロなメロンソーダフロート!細かなところまでリアルに再現!
  5. 飲酒運転でガードレールに衝突 妻に身代わり依頼した千葉県の児相職員を懲戒免職
  6. 【速報】「騒いでいたから 『静かにしなさい』とオートで後ろの窓を閉めた」と30代母親が説明 2歳女児が車の窓に首を挟まれ死亡 東京・練馬区
  7. 横山ゆかりちゃん(当時4)行方不明事件 業界団体が私的懸賞金の上限を400万円に引き上げ 群馬・太田市のパチンコ店 1996年7月7日発生 話しかける不審人物が
  8. イラン・ライシ大統領らの葬儀始まる ヘリ墜落で死亡
  9. ニューカレドニアから日本人4人が出国 オーストラリア政府の協力得てブリスベンに到着
  10. 突然の「0110」に注意 相次ぐ警察装う詐欺電話【Nスタ解説】
  11. 自民党が横浜市で政治刷新車座対話 「完全に信頼を失墜した」党員の厳しい声相次ぐ
  12. 森山愛子さん「思いっきり歌い 表現し 駆け抜けます」 20周年の節目に年内で活動休止を発表