大谷翔平 今季3度目の3安打&4個目の盗塁、チームは今季初の完封負け 本拠地2カード連続負け越し

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-04-18 06:36
大谷翔平 今季3度目の3安打&4個目の盗塁、チームは今季初の完封負け  本拠地2カード連続負け越し

■MLB ドジャース 0ー2 ナショナルズ(日本時間18日、カリフォルニア州ロサンゼルス、ドジャー・スタジアム)

ドジャース・大谷翔平(29)は18日(日本時間)、本拠地でのナショナルズ戦「2番・DH」で先発出場し、4打数3安打1盗塁、今季3度目の3安打をマークし、打率は.341から.360に。松井秀喜氏のMLB日本人最多本塁打記録の更新はこの日もお預け、チームは今季初の完封負け、本拠地で2カード連続負け越しとなった。

3試合連続安打中の大谷は1回の第1打席、ナショナルズ先発J.アービン(27)と初対戦。カウント1-0から内角低めのカットボールを軽く振り抜くと打球速度173.6キロでライト前へ。角度がつかず、4試合連続のヒットをマークした。

3回の第2打席、1球目、155キロのストレートに空振り、続く2球目は外角高め154キロのストレートに差し込まれ、レフトフライ。この打席は力勝負で押し負けた。

0対2とリードされた6回、先頭打者で迎えた第3打席、速いボールで2-1と追い込まれたが3球目、外角低め129キロのカーブを上手くバットに乗せてライト前へヒット。2試合連続で今季10度目のマルチヒットをマークした。しかし、続く3番・F.フリーマン(34)がダブルプレーに倒れ、ドジャース打線がなかなか繋がらなかった。

8回、2死走者なしで迎えた第4打席、ナショナルズのセットアッパー、3人目H.ハービー(29)と対戦。150キロ後半の速いストレートで2-2と追い込まれたが、6球目、外角低め158キロのストレートをコンタクトしてセンター前へ、今季3度目の3安打をマーク。さらに3番・フリーマンの打席では4個目の盗塁に成功した。

大谷がチャンスを広げたが、フリーマンはセカンドゴロに倒れ、この回も無得点。大谷は4打数3安打1盗塁、打率は.360と上昇。しかし、チームは今季初の完封負け、本拠地2カード連続で負け越しとなった。

試合後、D.ロバーツ監督(51)は「ショウヘイは素晴らしかった。ストライクゾーンをコントロール出来ており、ストライクゾーンの投球には強打を放っていた。彼はもっと良くなれると思う」と大谷の打撃を評価していた。

  1. 1歳5か月の女の子がりんごを詰まらせ死亡 女の子は食事中に眠そうな様子 誤嚥防ぐために保育士が口に指を入れてかき出す 東京の認可外保育施設
  2. 【速報】シンガポール航空の旅客機がタイに緊急着陸 “乱気流”に巻き込まれ1人死亡 69人けが
  3. 横山ゆかりちゃん(当時4)行方不明事件 業界団体が私的懸賞金の上限を400万円に引き上げ 群馬・太田市のパチンコ店 1996年7月7日発生 話しかける不審人物が
  4. 「下着を見たり触ったりしていた」 群馬・高崎市の塾講師の男が同僚女性(20代)の自宅に侵入しようとしたか 複数の余罪ほのめかす
  5. 一枚の折り紙から作り出されたのは…昭和レトロなメロンソーダフロート!細かなところまでリアルに再現!
  6. 【速報】「騒いでいたから 『静かにしなさい』とオートで後ろの窓を閉めた」と30代母親が説明 2歳女児が車の窓に首を挟まれ死亡 東京・練馬区
  7. 突然の「0110」に注意 相次ぐ警察装う詐欺電話【Nスタ解説】
  8. 飲酒運転でガードレールに衝突 妻に身代わり依頼した千葉県の児相職員を懲戒免職
  9. ニューカレドニアから日本人4人が出国 オーストラリア政府の協力得てブリスベンに到着
  10. イラン・ライシ大統領らの葬儀始まる ヘリ墜落で死亡
  11. 自民党が横浜市で政治刷新車座対話 「完全に信頼を失墜した」党員の厳しい声相次ぐ
  12. 森山愛子さん「思いっきり歌い 表現し 駆け抜けます」 20周年の節目に年内で活動休止を発表