長距離対艦ミサイル開発へ=中国念頭、20年度にも着手-防衛省

時事通信社 3月23日(土)14時18分

防衛省は、国産の長距離空対艦ミサイルを開発する方針を固めた。中国艦艇などに搭載されている対空ミサイルの射程距離が伸びているのに対応する。開発済みの巡航ミサイルを改良し、相手の対空ミサイルの射程外からの攻撃を可能にする「スタンド・オフ・ミサイル」を目指す。研究開発費を2020年度予算案に計上したい考えだ。 →続きを読む







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×