武藤駐ロシア大使が初会見「制裁維持も安定的関係構築取り組むべき」 侵攻で中断の文化・人的交流を一部再開へ

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-02-29 01:54
武藤駐ロシア大使が初会見「制裁維持も安定的関係構築取り組むべき」 侵攻で中断の文化・人的交流を一部再開へ

日本の武藤顕駐ロシア大使が着任後初めて会見し、ウクライナ侵攻をめぐり「対ロ制裁の団結を維持すべきだ」と述べました。一方で、ロシアとの安定的な関係構築に取り組むべきだとし、侵攻により中断していた文化・人的交流を一部再開するともしています。

武藤顕 駐ロシア大使
「日ロ関係に対する風当りは、予想通り厳しい。しかし、私自身へのロシア側の対応は予想以上に丁寧に応じていただいている」

武藤大使は28日、去年12月の着任後初めて会見し、ウクライナ侵攻が長期化する中、日本や欧米は「いまこそ対ロ制裁での団結を維持すべきだ」と述べました。

一方で、隣国ロシアとの安定的な関係構築に向け「いずれ平和条約の締結は必須だ」と指摘。そのためにも対話を通じた相互理解が必要だとし、侵攻で中断していたロシア人日本語教師の招へいや展示会などの文化・人的交流事業を一部再開させると述べました。

  1. 圧巻!大谷翔平 2試合連続6号 今季最長飛距離137m&今季最速191キロ、初登場の首都ワシントンDCで完璧アーチ
  2. 【喫茶マック2024】メープルバターホットケーキパイ実食レビュー【マクドナルド】
  3. トランプ氏「麻生氏は素晴らしい人」「偉大なシンゾーを通して知り合ったんだ」麻生太郎副総裁と会談
  4. タイで日本人とみられる切断遺体 事件に関与の疑いある日本人2人を捜査
  5. 女性養護教諭(27) 保健室で生徒と何度もキス 問題発覚後に『もみ消し』行為も… 三重県が懲戒免職処分に
  6. 大谷翔平 今季2度目の2試合連続6号 首都・ワシントンDCで初ホームラン、ナショナルズ戦初アーチで26球団&24球場制覇
  7. トランプ氏が円安について「愚かな人々には聞こえがいいが、製造業などには大惨事だ」
  8. 「遺体処分のためにガソリン買った」逮捕の25歳男供述、現場には別の2人が向かう…男女焼損遺体事件【news23】
  9. 【脳トレ】「鉃」の中に紛れて1つ違う文字がある!?あなたは何秒で探し出せるかな??【違う文字を探せ!】
  10. 【速報】麻生副総裁とトランプ前大統領の会談について上川外務大臣「一議員の活動にコメント控える」
  11. 子猫が『連れて帰って』と一心不乱に着いてきて…運命的な出会いの様子に目頭が熱くなると724万再生「可愛すぎて涙」「無視できない」
  12. 「組織が小さく声を上げにくい」ハラスメント受けたらどうすれば? 愛知・東郷町長「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」認定【news23】