地域のアイドルになった17歳の「スーパーマーケット猫」SNSにもファン多数 ニュージーランド

ニュージーランドには、この10年間ずっとスーパーマーケットに通う猫がいます。人懐っこいこの猫は、17歳になった現在も買い物客との交流を楽しみ、地域の人々に喜びを与えています。

なでてもらうのが大好き

なでられる茶トラ猫

写真はイメージです

この10年間、ニュージーランド北島のあるUpper Hutt市のスーパーマーケットには、「常連の猫さん」がいます。

猫の名はAngus。ハンサムなオスの茶白猫で、17歳になります。お気に入りは、人間になでてもらうこと。とくにやさしくておだやかな子供なら、大歓迎だそうです。

飼い主のKaren Piperさんは、SNSにこの猫のページ「Angus the Countdown Cat」を作って情報を発信しています。これが地元の人々に人気になっていて、多くの人がAngusとの楽しい交流についての投稿を続けています。

SNS上に専用ページも

パソコンを使う女性の手元

写真はイメージです

17歳という高齢のため、この猫にはさまざまな健康上の問題があります。しかし、買い物客の中には、「餌をあげないで」という張り紙を無視して、食べ物を与えてしまう人がいます。

無理やり獣医に連れていってしまうお客さんまでいたそうです。スーパーマーケットでは、餌を与えようとするお客さんに、スタッフが声をかけて注意をするようにしています。

Karenさんは、Angusが飼い猫として愛されていることを広く知ってもらうためにも、投稿を続けています。

Shelley BeaさんはSNS上で「Angusは体が弱ってきているので、地域住民が共同で出費して自宅にキャティオ(猫用の囲われた空間)を作ってあげてはどうか」と提案してくれました。

しかしKarenさんは「Angusは病気がちだけれど、人々が余計な餌を与えなければ大丈夫。自由が大好きなこの猫を、自宅に閉じ込めることはできません」と応じています。

「閉じ込められて好きなことができなくなったら、ひどく惨めだろうと思います。残された時間を有意義に生きて、幸せな気分でいてほしいのです」と彼女。

「Augusファン」の中には、前市議のAngela McLeodさんもいます。彼女は「この猫は市長より有名よ」と話しています。

「Angusのために、地域が団結できることがすばらしいですね」

募金活動の手伝いも

リラックスする高齢の茶トラ猫

写真はイメージです

あちこち歩き回るのが好きなAngusですが、必ず自宅に戻ってきます。

毎日の日課は、製パン部門のスタッフに会うために午前3時に起きて、朝食を食べに家へ戻り、その後午前6時に到着する店員を迎えるために、またスーパーへでかけます。自宅で長い昼寝をしたあとは、またまたスーパーへ。このときは駐車している車の下や入り口付近の屋根のある場所にたたずみます。

スタッフはみんなよく世話をしてくれます。現在、餌を与えないように人々に注意を促す新しい看板も制作中だそうです。この猫がネグレクトされているわけではないことを、買い物客にも周知しようと努めてくれています。

Augusはスーパーの駐車場で募金活動を手伝うのも大好きです。猫の人気のせいで寄付金もよく集まることでしょう。このスーパーマーケットの売り上げ増にも貢献しているに違いありません。

もしUpper Huttを訪ねることがあれば、あなたもぜひAngusに会ってくださいね!

出典:Angus, the cat that could be mayor of Upper Hutt

関連記事

猫が布団の上で見せた一連のしぐさ…全てが可愛すぎると1万2000いいねが集まる 「これはずるい」「よいところが全部出てる」と反響
子猫が生まれて初めて『威嚇』をした結果…まさかの可愛すぎる動きに鼻血が止まらないと27万4000再生「虜になった」「癒やし」の声
猫が大好きという気持ちを飼い主に伝える9つのサイン
子猫と『紙袋』を使って遊んでみたら…小さな穴から夢中になって遊ぶ姿が尊すぎると1万4000再生「爆笑w」「グッドアイデア」の声
猫は一緒に寝る人を選んでいる?人のそばで寝る理由、一緒に寝る方法と注意点

  1. 女性養護教諭(27) 保健室で生徒と何度もキス 問題発覚後に『もみ消し』行為も… 三重県が懲戒免職処分に
  2. 【喫茶マック2024】メープルバターホットケーキパイ実食レビュー【マクドナルド】
  3. トランプ氏「麻生氏は素晴らしい人」「偉大なシンゾーを通して知り合ったんだ」麻生太郎副総裁と会談
  4. 子猫が『連れて帰って』と一心不乱に着いてきて…運命的な出会いの様子に目頭が熱くなると724万再生「可愛すぎて涙」「無視できない」
  5. 圧巻!大谷翔平 2試合連続6号 今季最長飛距離137m&今季最速191キロ、初登場の首都ワシントンDCで完璧アーチ
  6. 住宅火災で1人の遺体が見つかる この家に住む80代男性か 神奈川・相模原市
  7. タイで日本人とみられる切断遺体 事件に関与の疑いある日本人2人を聴取
  8. 【脳トレ】「鉃」の中に紛れて1つ違う文字がある!?あなたは何秒で探し出せるかな??【違う文字を探せ!】
  9. 大谷翔平 今季2度目の2試合連続6号 首都・ワシントンDCで初ホームラン、ナショナルズ戦初アーチで26球団&24球場制覇
  10. 麻生副総裁がトランプ前大統領と会談 “もしトラ”備え人脈構築狙いか
  11. 「遺体処分のためにガソリン買った」逮捕の25歳男供述、現場には別の2人が向かう…男女焼損遺体事件【news23】
  12. 【速報】麻生副総裁とトランプ前大統領の会談について上川外務大臣「一議員の活動にコメント控える」