「亡き愛猫よ、よみがえれ!」クローン技術で、そっくりな子猫を再生させた女性 カナダ

クローン技術を使って、失った飼い猫とそっくりの子猫を誕生させたカナダ人女性。賢かった亡き愛猫が、そのままよみがえることを期待しています。しかし専門家は「クローン動物は元のペットと同じではない」と警告しています。

数々の失敗をへて、クローン子猫が誕生

長毛のラグドール猫

画像はイメージです

カナダのKelownaに住むKris Stewartさんは、「クローン技術」によって飼っていたラグドール猫Bearとそっくりの子猫を誕生させることができました。これまで2年間、失敗を重ねてきた末の成功です。しかも子猫は2匹も生まれました。

2022年1月、Krisさんは交通事故のため5歳で亡くなった愛猫のDNAを、米国テキサスにあるペット・クローン会社「ViaGen」へ送っていました。

「Bearにはもっとやりたいことがあっただろうに…と悔しかったのです」と彼女。

トロント大学の生命倫理学者Kerry Bowman氏によると、クローンの再生は、動物のDNAを埋め込んだ胚細胞を、代理出産する母猫の子宮に移植することで行われます。

2024年1月10日に生まれた子猫は、それぞれ「Bear Bear」「Honey Bear」と名付けられました。ニューヨークにあるViaGen社の施設で母猫と8週間を過ごした後、さっそくKrisさんに引き取られていったそうです。

生存率が低く健康上の問題も

クローン猫のイメージ

画像はイメージです

「本当にBearそっくり。勇敢でおませな猫たちなの」というKrisさんは、子猫を見るとやんちゃで賢かった愛猫のことを思い出すといいます。

「Bearは今まで飼ったペットで一番賢い子だったわ。2歳のときからずっと飼っていたの」

Bowman氏によると「生まれたクローン動物のうち生き残れるのは5%未満」だといいます。クローン動物はふつう寿命が短く、臓器肥大など健康上の異常を伴う可能性もあるのです。

今回の場合も、子猫たちが生まれるまでに4回の胚移植が失敗に終わっています。Krisさんによると、経費は総額で約5万カナダドル(約560万円)にも上ったとか。そんな巨額の出費にもかかわらず、彼女はBearに似通った子猫たちを迎えて大興奮でした。

世界で最初のクローン動物は羊のDollyで、1996年にスコットランドで誕生しました。それ以来、ペットのクローン化ビジネスが盛んになったといいます。各界有名人もこうしたサービスを利用しています。女優のBarbra Streisandが愛犬をクローンで再生した体験を公にし、議論を呼んだこともありました。

まったく同じ動物ではない

くつろぐ2匹の子猫

画像はイメージです

しかしBowman氏は「ペットのクローン化を容認するかどうかは、議論のあるところだ」といいます。

「動物保護施設には常に大勢の犬猫がいます。とくに保護猫は、もらい手がなく安楽死させられることも多いと聞いています。そういう動物をペットとして飼ってほしいですね。また、クローンのため代理母になった動物が病気などを持っている可能性もあるし、代理出産は通常より流産や死産の確率も高いのです。しかもクローン化は人間の都合だけで行われ、動物自身の意思はまったく問われないのが現状です」というBowman氏。

「最愛のペットを再生したいという飼い主の気持ちはわかります。でも、クローン技術によって生まれたペットは、元の動物とまったく同じというわけにはいかないのです」と警告しています。

同じDNAを持っていても、生まれた環境が異なればさまざまな違いが出てきます。あとになって飼い主が「元のペットとは違う」と気づくこともあるといいます。

「わたしも子供時代に犬を飼って、大事にしていました。できればまたあの犬に会いたいと思いますよ。でも、クローンによって再生しても、同じ犬だとはいえないでしょうね」と話すBowman氏です。

出典:Kelowna woman gets 2 successful clones of her dead cat

関連記事

猫が幸せを感じた時にみせる10の仕草
猫が乗ってくる5つの理由とその心理
猫が人間に『好影響』を与えること5つ
猫が顔の近くで寝る4つの理由と飼い主への信頼度
子猫が『大好きなパパと2日ぶりに再会』した結果…尊すぎる反応が47万3000再生の大反響「ほっこり」「素晴らしい家族」の声

  1. 1歳5か月の女の子がりんごを詰まらせ死亡 女の子は食事中に眠そうな様子 誤嚥防ぐために保育士が口に指を入れてかき出す 東京の認可外保育施設
  2. ニューカレドニアから日本人4人が出国 オーストラリア政府の協力得てブリスベンに到着
  3. 【速報】シンガポール航空の旅客機がタイに緊急着陸 “乱気流”に巻き込まれ1人死亡 69人けが
  4. 横山ゆかりちゃん(当時4)行方不明事件 業界団体が私的懸賞金の上限を400万円に引き上げ 群馬・太田市のパチンコ店 1996年7月7日発生 話しかける不審人物が
  5. 突然の「0110」に注意 相次ぐ警察装う詐欺電話【Nスタ解説】
  6. 「下着を見たり触ったりしていた」 群馬・高崎市の塾講師の男が同僚女性(20代)の自宅に侵入しようとしたか 複数の余罪ほのめかす
  7. 【速報】「騒いでいたから 『静かにしなさい』とオートで後ろの窓を閉めた」と30代母親が説明 2歳女児が車の窓に首を挟まれ死亡 東京・練馬区
  8. 一枚の折り紙から作り出されたのは…昭和レトロなメロンソーダフロート!細かなところまでリアルに再現!
  9. 飲酒運転でガードレールに衝突 妻に身代わり依頼した千葉県の児相職員を懲戒免職
  10. イラン・ライシ大統領らの葬儀始まる ヘリ墜落で死亡
  11. 森山愛子さん「思いっきり歌い 表現し 駆け抜けます」 20周年の節目に年内で活動休止を発表
  12. 自民党が横浜市で政治刷新車座対話 「完全に信頼を失墜した」党員の厳しい声相次ぐ