元世界王者・桃田賢斗 波乱のバドミントン人生「交通事故から苦しいこともたくさんあった。戦うレベルにはもう、厳しいかな」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-04-18 11:35
元世界王者・桃田賢斗 波乱のバドミントン人生「交通事故から苦しいこともたくさんあった。戦うレベルにはもう、厳しいかな」

バドミントンの男子シングルス元世界王者の桃田賢斗(29、NTT東日本)が18日に会見を開き、日本代表から退くことを発表。代表活動を振り返り「約10年間、ほとんどがしんどいことだらけでしたけどすごく貴重な経験をさせていただきましたしとても充実した代表人生だったかなと思います」と語った。

代表引退に至った理由として「2020年の1月の交通事故から苦しいこともたくさんありましたし自分の中で思うようなプレーだったり、自分なりに試行錯誤はこうやってきたつもりではいたんですけど、気持ちと、体のギャップというか」と話し、「世界一をまた、目指そうというところまで行けないなと判断したところと、まだ自分が動けるうちに、そのジュニアの選手だったりバトミントンをしている競技の人たちともっともっと羽を打つ時間が欲しいなと思って代表を引退しようと決意しました」と語った。

東京五輪を翌年に控えた2020年1月、マレーシアマスターズ優勝後に空港への移動中に交通事故に遭遇。運転手が死亡し、桃田も顎、唇、眉間などを裂傷、全身打撲の怪我を負った。その後、目の不調でシャトルが二重に見えたため、精密検査の結果、右眼窩底骨折で全治3カ月を要することが判明した。

目の手術後、「僕なりにトライはしたんですけど、ちょっともう、うん・・・・」と言葉を詰まらせ「その世界のトップの人たちと戦うレベルにはもう、厳しいかなと思いました」と振り返った。

  1. 1歳5か月の女の子がりんごを詰まらせ死亡 女の子は食事中に眠そうな様子 誤嚥防ぐために保育士が口に指を入れてかき出す 東京の認可外保育施設
  2. 森山愛子さん「思いっきり歌い 表現し 駆け抜けます」 20周年の節目に年内で活動休止を発表
  3. イラン・ライシ大統領らの葬儀始まる ヘリ墜落で死亡
  4. 一枚の折り紙から作り出されたのは…昭和レトロなメロンソーダフロート!細かなところまでリアルに再現!
  5. ニューカレドニアから日本人4人が出国 オーストラリア政府の協力得てブリスベンに到着
  6. 飲酒運転でガードレールに衝突 妻に身代わり依頼した千葉県の児相職員を懲戒免職
  7. 「下着を見たり触ったりしていた」 群馬・高崎市の塾講師の男が同僚女性(20代)の自宅に侵入しようとしたか 複数の余罪ほのめかす
  8. 横山ゆかりちゃん(当時4)行方不明事件 業界団体が私的懸賞金の上限を400万円に引き上げ 群馬・太田市のパチンコ店 1996年7月7日発生 話しかける不審人物が
  9. OKAMOTO'S 5月25日の公演開催中止を発表 「メンバー内にて協議を重ねた結果、本公演の開催を中止という判断となりました」
  10. 中国外相 台湾新総統を名指しで非難「民族を裏切る行為、軽蔑される」
  11. 突然の「0110」に注意 相次ぐ警察装う詐欺電話【Nスタ解説】
  12. 自民党が横浜市で政治刷新車座対話 「完全に信頼を失墜した」党員の厳しい声相次ぐ