犬が『おやつ』に興味を示さない… 食べてくれなくても大丈夫?食いつきが悪い原因とは

食べることが好きな犬が多い中、愛犬が「おやつ」を食べなくなったり興味を示さなくなったりすると心配になりますよね。この記事では、「おやつ」への食いつきが悪い原因について解説します。

犬が「おやつ」に興味を示さなくても大丈夫?

おやつを与えられている犬

まず、「犬が元々おやつを食べない、興味を示さない」ということ自体は、大きな問題ではありません。おやつではなくご飯をしっかりと食べていて、体格に合った体重や健康を維持できているのであれば、おやつを食べなくても何ら問題はないでしょう。

むしろ、おやつを食べずに適量のご飯だけを食べていれば、栄養バランスが崩れにくく肥満にもなりにくいので、健康管理のためにはいいことかもしれません。

おやつは嗜好性が高いものが多いため、『おやつは食べるのにご飯は食べない』ということになりかねません。それに比べれば、おやつを食べずにご飯を食べるというのは、非常に健全なことと言えるでしょう。

しかし、これまでは食べていたおやつを食べなくなったり、興味を持たなくなったりした場合は、少し注意が必要です。そこには何かしらの理由や原因があるはずで、その原因は放置してはいけないものかもしれません。

犬が今まで好きだったおやつを食べなくなった場合、犬の体調や様子をしっかりと観察して原因を探り、適切な対応を取るようにしてください。

「おやつ」への食いつきが悪い原因

おやつを無視する犬

ここからは、元々おやつを食べていた犬が、急に食べなくなってしまった原因や理由として考えられることを解説します。

お腹が空いていない

犬がおやつを食べない、興味を示さない原因としてまず考えられることが、満腹であることです。

犬は「食いだめ」の習性を持っているうえに満腹中枢が鈍いため、お腹がしっかりと満たされていても、目の前に食べものがあればいくらでも食べると言われることもあります。

とはいえ、現代の家庭犬は、食料に困ることがないため、あまりお腹が空いていなければ積極的に食べようとしないこともめずらしくありません。

そのため、お腹が空いていないときにおやつがあっても、特別魅力的なものでなければ興味を示さないことは十分考えられます。

においや食感が好きではない

おやつの種類によって食べるかどうかが変わる場合は、単純にそのおやつが好みに合っていないのかもしれません。

犬は味覚がそれほど優れていないと言われますが、その分嗅覚が優れているため、食べもののにおいを重要視する傾向があります。また、食感や喉ごしの好みもあるため、愛犬のおやつの好みに合うものを探してみるのもいいでしょう。

特に、しつけトレーニングのときなどに「ごほうび」としておやつを与える場合は、犬が本当に喜ぶものを用意する必要があります。さらに、普通に食べるものから大好きなものまで、異なるランクのおやつを探しておくと、しつけでとても役立ちます。

体調が悪い、歯が痛い

普段は喜んでおやつを食べている犬が、食べようとしない場合、体調に異変がある可能性があります。

体に痛みや違和感があると食欲がわかず、動物は体を回復させるためにとにかく休むことを優先します。また、口内に痛みがある場合なども食べものを食べることが苦痛になってしまうこともあるでしょう。

身体的なトラブルでおやつが食べられない場合、多くはドッグフードなどの食事も食べられなくなります。食べられずに寝ている時間が長い場合や、あまり動きたがらない場合は動物病院を受診することをおすすめします。

ストレスや不安を感じている

身体的なトラブルでおやつが食べられなくなるように、精神的な負荷によって食べられなくなることもあります。

強い恐怖や不安、ストレスを感じたとき、食べる・遊ぶなどの行動をする余裕がなくなってしまい、食べものを目の前に出されても視界に入らなくなることもあるのです。

地震や雷、花火などに驚いて一時的に食べられなくなるのであれば、時間を置けば自然に復活します。しかし、慢性的なストレスにさらされて食欲が低下してしまっている場合は、ストレスの原因を探して根本的な解決を目指す必要があります。

まとめ

おやつを見ない犬

元々「おやつ」に興味がない犬であれば、それほど心配する必要はないでしょう。しかし、食べることが好きな犬がおやつを食べなくなった場合、心身に何らかのトラブルや異常が起きている可能性があります。

ちょっとした不安や満腹感など一時的におやつを受けつけないのであればいいですが、病気や慢性的なストレスなどが原因になっている場合は、それを取り除いてあげる必要があります。

動物にとって、食べることは生きることに直結しています。愛犬がしっかりと食べて健康を維持できるように、飼い主さんはしっかりとサポートしてあげてくださいね。

関連記事

『仲の悪い犬たち』が一緒に遊んだ結果…距離が縮まっていく微笑ましい光景に「可愛すぎ」「クッションとられないようにしてるw」と6万再生
犬の来客に吠える癖が直らない!その理由と3つの対策
赤ちゃんが初めて『ハスキー犬』に触れた結果…驚きの『神対応』が優しすぎると40万再生「怒らないの偉すぎる」「尊くて涙」と感動の声
『パパが戻ってきた!』犬が"家族の登場"でとった行動…可愛すぎる『足バタバタ』に絶賛の声「本当にかわいい」と6万9000再生の反響
犬がおしりを向ける意味とは?背中を向けて寝る気持ちも解説

  1. 「人質の絶対安全を胸に」インターネットカフェでの立てこもり事件想定の訓練実施 対応などを従業員にレクチャー 埼玉県警
  2. トヨタ 認証不正の影響 来月以降も対象3車種の生産停止 クラウン新型車も発売延期
  3. 東京・港区を走行中の従業員送迎バスで男性が刃物で切り付けられる 警視庁が同じバスに乗っていた中国籍の男を逮捕 2人の間でトラブルか
  4. 暑さ乗り切る夏のひんやりグッズ新定番登場 体重計のような扇風機に熱帯夜にオススメ!水流快眠マット【Nスタ解説】
  5. 吉川晃司”監督”がパリへ挑むポセイドンジャパンに熱いエール「全力で臨んでほしい」【水球】
  6. 飛込17歳のエース・玉井陸斗が金メダル宣言「日本飛込界メダリスト第1号に」パリ五輪は"わずか2秒間"の戦いに注目!
  7. 公明、山口代表のまま次期衆院選に臨む方針固める
  8. 登校中の小学生がトラックにはねられ頭にけが トラック運転できない免許を所持し赤信号無視した運転手の男(22)逮捕 埼玉・所沢市
  9. 「掲示板ジャック」に問題は?寄付で選挙ポスターが貼れる…NHK党の“やり方”は「法律の穴を突いている」【Nスタ解説】
  10. 産地や食文化に異変?輸入タコが高騰 欧米でも需要増加で「日本は“買い負け”している」【Nスタ解説】
  1. 【速報】東京・港区港南 バスの中で20代男性が刺される 病院搬送も意識あり 当時バスには26人が乗車
  2. 釣り中に“獣臭” 振り向くと目の前にクマが 「クマァ~」と叫ぶと… 静岡市・清水区
  3. 古賀紗理那、パリ五輪出場決定に「率直に嬉しく感じます」石川真佑「残りの2試合もすごく大事」【選手コメント】
  4. 東京・港区港南 バス内で20代男性が刺される 男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕 被害者は意識あり
  5. 沖縄や九州・四国で傘の出番 夜は関東でも雨 湿度が高く蒸し暑さアップ
  6. 【速報】東京・港区港南 バスの中で20代男性が刺される 品川駅から乗車の男が突然刃物のようなもので乗客切りつけ その場で身柄確保
  7. BTS・JINさん、ファン1000人とハグ会 一部ファンがJINさんにキス試みて批判相次ぐ
  8. 小池百合子知事と蓮舫議員が同時刻に会見 何を語った?東京都知事選
  9. インフレ続くパキスタン イスラム教「犠牲祭」“生け贄”動物価格も高騰
  10. JR東海が「N700S」の追加投入を発表 一部にドクターイエローの機能に加え最新の検査技術搭載で省人化にも期待
  11. 「元気よく飲んでた」逮捕の女(21)人物像は… 逃げようとした際に暴行も 旭川・女子高校生殺害【news23】
  12. エアコン「1℃下げる」OR「風量を強にする」どっちが節電?誤解の多いエアコン節約術【ひるおび】