パラ陸上のレジェンド、42歳・山本篤が引退会見「すごくいい陸上人生だった」義足選手として初のパラリンピックメダリスト

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-05-27 18:41
パラ陸上のレジェンド、42歳・山本篤が引退会見「すごくいい陸上人生だった」義足選手として初のパラリンピックメダリスト

パラリンピック男子走幅跳銀メダリストの山本篤(42、新日本住設)が27日、神戸市内のホテルで記者会見を開いた。前日に自身のSNSで現役引退を表明していた山本は、グレーのスーツをまとい、緊張した面持ちで壇上にあがった。

陸上競技を始めてから22年。42歳のレジェンドは「陸上は人生を楽しくする遊びだった。楽しく遊んで、たくさんの人に支えられ、すごくいい陸上人生だった」と笑顔で振り返った。

高校生の時に交通事故で左足を失い、初出場した2008年北京パラリンピックと16年リオ大会のT63(下肢障がいクラス)男子走幅跳で銀メダルを獲得。21年東京パラリンピックまで4大会連続出場を果たした。

「可能性がある限り挑戦し続ける。自分自身が可能性を失ったタイミングで引退しよう」そう決めていたという山本。自己ベストを更新した東京パラリンピック以降は怪我に悩まされ、思うような結果が出せずにいた。昨年の世界パラ陸上でも8位に沈み、その頃から引退を考えていたという。

それでも「あと1年頑張ろう」と挑んだ今季は調子も上向きだったが、25日まで神戸で開催された世界パラ陸上走幅跳では5位に終わった。このまま競技を続けても「自分自身、可能性がない。プロのアスリートとしては失格。自分の中で嘘をつきながら陸上をやっていくのは可能だが、自分自身は楽しめない」との思いから、自身の試合の翌日(20日)、家族に話し引退を決断した。

22年に渡る陸上人生の思い出は「たくさんの国際大会に出場できたこと」と語り、一番の試合は、16年の日本パラ陸上で当時の世界記録となる6m56のジャンプを記録。「世界記録を出した大会で、歴代の人たちを超えられた瞬間は忘れられない」。逆に一番の悔いは「パラリンピックでメダルが取れなかった」と悔しさも滲ませた。

今後は「今見ている選手たちが、世界で最高のパフォーマンスができるよう指導していきたい」と指導者としての道を歩む。そして「これまでも取り組んできたが、義足になった人たちのクリニックなどを開き、パラの楽しさや競技の発展に取り組んでいく。これまで趣味でやっていたゴルフにも全力で取り組みたい」と笑顔を見せた。

■山本篤(やまもと・あつし)
1982年4月19日生まれ。静岡県出身。高校2年の時にバイク事故で左足を切断。その後始めたパラ陸上で2008年の北京パラリンピック、走幅跳で銀メダルを獲得。日本パラ陸上で義足選手初のメダリストとなった。13年、15年の世界パラ陸上で2連覇を達成すると、翌年の日本パラ陸上では、当時の世界記録を3cm上回る6m56の跳躍で自身初の世界新記録を樹立。パラリンピックには東京大会まで4大会連続で出場。また、スノーボードで冬季平昌パラリンピックにも出場した二刀流アスリートとしても知られている。競技の普及や義足アスリートの育成にも積極的に取り組み、日本パラスポーツ界の発展にも力を注いできた。

  1. 新幹線の点検用車両「ドクターイエロー」老朽化で引退へ 2027年以降は営業用車両の搭載機器で検査
  2. 梅雨入り前の厳暑 真夏日続出 あすは関東で35℃以上の猛暑日も
  3. SNSに画像を“無断使用”でトラブルか 女子高校生を橋から川に転落させ殺害した疑いで21歳と19歳の女を逮捕 なぜ殺人事件に発展?【news23】
  4. 在日シンガポール大使館の元参事官を書類送検 銭湯で男子中学生を盗撮か 「反省したから…」出頭要請に応じ今月9日に再来日
  5. 眞鍋監督「勝てばパリ当確 !」選手らへ練習前に伝える 古賀主将「今日も変わらずに」【ネーションズリーグ】
  6. 栃木・那須町 高校生ら8人死亡雪崩事故 禁錮2年実刑判決の引率教諭ら3人が控訴
  7. ウクライナ支援めぐり 揺れる欧州 イタリア“支援の在り方について変化を求める声” 国民からも人道や財政の支援は6割以上の支持 しかし「軍事支援」は
  8. エスカレーター女性死亡事故 降りぎわに買い物カート持ち上げきれず転倒か 警視庁
  9. 京都や大阪などで最高気温33度予想 全国の広い範囲で夏本番の暑さ こまめな水分補給など熱中症対策を
  10. 体長約70センチ、黒毛の甲斐犬が住宅から脱走 狂犬病の予防接種済み さいたま市・岩槻区
  1. 【わんこそば・108杯完食】 HYDEさん 「そんなに凄いのかい?」 ネットの反響にコメント
  2. 【速報】元衆議院議員で弁護士の今野智博容疑者ら11人を弁護士法違反容疑で逮捕 特殊詐欺Gとの関連が疑われる男女に弁護士の名義を貸し法律事務をさせたか 警視庁
  3. ホンダ初となる軽EV 今年10月発売 価格は243万円から 航続距離は245キロ
  4. 新幹線のお医者さん「ドクターイエロー」が老朽化で引退へ 2027年以降は最新検査機器を営業車両に導入し検査 今後ファンのために撮影会など開催へ
  5. 【速報】カナダ・バンクーバーの日本人男性シェフ殺害事件 32歳男を逮捕
  6. 佐野慈紀さん 「矯正はしを使っています」 「不安を拭う為にも頑張る」 右腕切断手術後の状況明かす
  7. エスカレーターに首挟まれ80代女性が死亡 2年間で1550件 高齢者は要注意 相次ぐエスカレーター事故をどう防ぐ?【news23】
  8. 大谷翔平 今季4度目の2試合連続の17号!リーグトップに1本差 昨季6月13日もレンジャーズ戦で2本塁打
  9. ロシアから“対抗”指名手配されたICC=国際刑事裁判所の赤根智子所長 ICCへの介入や妨害「許されない」
  10. 秋田犬に『りんご』あげようとした結果…まさかの『可愛い勘違い』が31万再生「お父さん必死に伝えてるのにw」「お返事は完璧で草」
  11. クウェートで火災49人死亡 外国人労働者が多い建物 煙吸引か
  12. エスカレーター女性死亡事故 降りぎわに買い物カート持ち上げきれず転倒か 警視庁