「バッファ」とはどのような意味?ビジネス用語やコンピュータ用語としてはどのようにして用いられている?

2023-05-31 00:15

ビジネスやコンピューターで聞く言葉「バッファ」
「バッファ」は余裕や緩衝を意味したり、一時的に情報を保存する領域も意味したりします。
特に分野や業界によって意味が変わる言葉です。

今回はそれら「バッファ」という言葉について解説します。
ここではそれぞれのジャンルでの意味や使用方法についても解説します。

「バッファ」とは

まずは「バッファ」の意味について見ていきましょう。

ビジネス用語としての「バッファ」

「バッファ」はビジネスの世界で使用されることがあります。
それらビジネス用語としての「バッファ」は余裕や緩衝という意味を持ちます。

主に余裕や緩衝が必要な場面で使用する言葉の1つです。

由来は英単語の“buffer”

「バッファ」は英語の「buffer」から来ています。
英語の「buffer」は緩衝材や緩和物を意味する言葉です。

転じて日本語の「バッファ」も同じ意味となったとされます。
ビジネス用語としての「バッファ」もここから来ているとか。

業界によって異なる「バッファ」の用い方

「バッファ」は分野や業界によって使用方法も違います。
ここからはそれぞれのジャンルごとに違う使用方法についてわかりやすくまとめます。

コンピュータ用語における「バッファ」

コンピュータ関連では、パソコンやスマホなどで一時的に情報を保存する領域を「バッファ」と呼びます。
IT分野では「保存領域」という意味で使用されます。
なお、プログラミングの世界ではメモリ不足の際に発生する問題を「バッファオーバーフロー」と表現することがあります。

それらコンピューターで使用される「バッファ」は余っている領域という意味を持つ言葉となるわけです。

映像用語における「バッファ」

映像用語での「バッファ」は映像を配信・視聴する前にあらかじめデータをダウンロードして溜めておく時間のことを意味します。

これがないと映像が途中で止まってしまうことも少なくないです。
逆にストレスなく映像を見るためには「バッファ」が必要です。

動画の配信者や視聴者ほど知っておきたい言葉の1つと言えます。

美容業界における「バッファ」

美容業界での「バッファ」は髪の毛のPHを弱酸性から中性に調整するためのトリートメントのことを意味します。

PHというのは水溶液の水質を表すアルファベットです。
それら髪質を調節するものが「バッファ」と呼ばれます。

ただ、これらは日常会話ではあまり耳にしません。
あくまでも美容業界の専門用語として覚えておきましょう。

金融業界における「バッファ」

金融業界での「バッファ」は資金繰りに備えるための資金のことを意味します。

要は将来のリスクに耐えるための資本と覚えておきたいです。
事実、金融業界では何が起こるかわかりません。
それら不測の事態に備えるのが「バッファ」です。

これはビジネス用語としての「バッファ」と同義と言えるかもしれません。

まとめ

「バッファ」は分野や業界によって多数の意味を持つ言葉です。
基本的には余裕というニュアンスで使われますが、美容業界でのバッファはちょっと意味合いが違いますね。