科学技術の進歩に貢献した(かもしれない)2匹の偉大な猫たち! 米国

科学技術の進歩に大きく貢献したと思しき、猫2匹をご紹介しましょう。いずれも優秀な科学者の飼い猫で、その存在は、発明へのインスピレーションになったのです。

猫が著者になって論文を発表

キーボードをいじる猫の手

画像はイメージです

猫の「Chester(別名F.D.C. Willard)」は、すぐれた物理学論文の共著者です。といっても、この猫が実際に執筆したわけではありませんが。

1975年、米国ミシガン州立大学のJack Hetherington教授が原子の相互作用に関する論文を「Physical Review Letters」誌に掲載しました。

しかし原稿を提出する直前に、査読をした同僚から「本文では『我々』という表現を使っているが、著者はあなた1人だけではないか」と指摘されたのです。

そこで彼は、文章はそのままにして、著者をもう1人加えるという簡単な修正だけで論文を提出しました。その名が「F.D.C. Willard」なのです。F.D.Cというのは「Felix Domesticus Chester」(つまり「飼い猫Chester」)の略で、Willardはその父猫の名前でした。

大学から招致の通知も

教授に扮した猫

画像はイメージです

この共著者の正体については、まもなく世間に知れ渡ってしまいました。しかし、人々は大喜びだったのです。

「実は猫だったとわかると、みんな大笑いしましたね」と教授。

その後も、1980年にフランスの科学雑誌に掲載された「固体ヘリウム」に関する論文が、F.D.C. Willardの名で執筆されています。

しかもF.D.C. Willardには、ミシガン州立大学物理学科から「ぜひ教鞭をとってほしい」との招致まであったのです。学部長からの通知には「高名な猫であられるF.D.C. Willard氏が当学で教えてくだされば、世界中の人々が歓喜にわき上がることでしょう」と書かれていました。

猫から発生した静電気が、偉大な発明のきっかけに

手から発生する静電気のイメージ

画像はイメージです

また、別の猫「Mačak」は、子供時代のNikola Tesla氏の飼い猫でした。彼はセルビア系アメリカ人の物理学者・発明家で、19世紀から20世紀半ばにかけて、電気やエネルギーに関する偉大な研究を発表しています。

Nikolaはこの猫を溺愛し、「世界で一番すばらしい猫」と呼んでいました。実はMačakは、かわいいペットとしてだけでなく、子供時代のNikolaに電気に関する興味を植え付けた重要な存在だったのです。

「ある夕方、Mačakの背中を撫でていたら、いきなり光の幕のようなものが発生して、家じゅうに響くほどのパチパチという音とともに、わたしの手から火花が飛び出しました。びっくりして声も出ませんでした。母は『火事になるかもしれないから、家の中では猫と遊ばないで』といったほどです」(1939年に12歳の少年に宛てたNikolaの手紙による)

この経験を話すと、父親は「電気のせいだ」と説明しました。Nikolaはこの現象についてその後もずっと考え続けました。

「電気を発生させる自然は、巨大な猫のようなものなのか?だとしたら、だれがその背中を撫でるのか?」と。

彼はこの疑問を数十年も持ち続け、やがて「回転磁場」を考案し、「交流による送電技術」を発明することになったのです。Mačakの背中から発生した電気は、この天才を触発する印象的な経験でした。

出典:
17 of History's Coolest Cats
Nikola Tesla's Cat and Other Feline Fascinations

関連記事

猫が顔の近くで寝る4つの理由と飼い主への信頼度
『ごきげんな柴犬』と『イライラする猫』が外で遊んだら…2匹の"ギャップ"に6.5万再生「かわいいw」「こんな休日良いなぁ」 の声も
猫から『好かれる人』のタイプ5つ
猫が口を半開きにする4つの理由
猫が一緒に寝てくれない6つの理由と一緒に寝る方法

  1. 愛媛・松山城の土砂崩れで3人行方不明 夜通しで救出活動続く 過去にも城の斜面崩れ被害も【news23】
  2. NY外為 円相場が一時1円50銭ほど急騰 政府・日銀 2日連続で為替介入か
  3. 副知事は辞職の意向も… パワハラ疑惑の兵庫・斎藤知事は改めて辞職を否定
  4. やり投・北口榛花、またも最終6投目で逆転優勝 ! 田中希実は5000m今季ベストの14分40秒86で3位【DLモナコ】
  5. 症状が熱中症にそっくり…夏の脳梗塞に注意 見分けるポイントは早期発見のサイン「FAST」【Nスタ解説】
  6. 柴犬を『手刀で気絶させてみた』結果…面白すぎる『空気を読む姿』が101万再生「ゆっくりと倒れてくのほんと草」「困惑してるww」と爆笑
  7. ロシア 北方領土・貝殻島での日本のコンブ漁停止と発表 「灯台修理」理由に 再開時期示さず
  8. 【アンガールズ】山根さんが "新種発見" で公式サポーター就任 田中さんは人生初の「山根バーター」
  9. 中国 GDP発表の記者会見取りやめ 3中総会と重なることを考慮か 統計の信頼性に疑問の声も
  10. 日独首脳会談 半導体や重要鉱物などの安定供給に向け協力
  11. 日大重量挙げ部の幹部が奨学生から授業料や入学金を不正徴収 徴収した金額は私的に使用 日大は謝罪し被害に遭った可能性のある人に連絡求める
  12. 【脳トレ】「䤄」の中に紛れて1つ違う文字がある!?あなたは何秒で探し出せるかな??【違う文字を探せ!】
×