インボイス制度導入後“初”の確定申告!フリーランス向け会計アプリ「スマホ会計FinFin」を紹介

2023年10月から導入されたインボイス制度により、消費税の納税義務の仕組みは大きく変わりました。来年3月の確定申告では、新たに消費税を申告する必要、負担を抱えるフリーランス・個人事業主の人も多いのではないでしょうか。

インボイス制度とは?

そもそもインボイス(適格請求書)とは、売手が買手に対して正確な適用税率や消費税額等を伝えるためのもので、「区分記載証明書」に「登録番号」、「適用税率」「消費税額等」の記載が追加された書類やデータのことです。この制度では、適格請求書発行事業者として登録した売手が適格請求書を発行し、買手がそれを受け取ることで買手は仕入税額控除の適用を受けることができます。仕入税額控除とは、事業者の「売り上げた際に支払ってもらった消費税」と「仕入れの際に支払った消費税」の差額が、最終的な消費税の納税額となるしくみです。つまり、適格請求書は「仕入れの際に消費税を支払った」という証明になります。売手である適格請求書発行事業者は「消費税を受け取っている」ということなので、課税事業者、つまり消費税を納めることとなります。

フリーランスのインボイス制度による影響

このインボイス制度の導入により多くのフリーランスや個人事業主は、消費税の納税義務が免除されていた免税事業者のままでいるか、課税事業者となって納税義務を負うかの判断を迫られました。この判断は個々の事業規模や取引先などによって変わってくる部分でもっとも悩まれたところですが、適格請求書発行事業者にならない場合、免税される一方で、取引先は仕入税額控除を受けられないとなれば仕事の受注交渉の際に影響が出る可能性が出てきます。適格請求書発行事業者になった場合は、これまで免税事業者だった事業者は消費税負担が増えることになり、さらに確定申告においては消費税の申告も必要となります。

インボイス制度後の確定申告はどう変わる?

毎年3月を前に、所得税の確定申告をする個人事業主・フリーランスの人は多いと思います。所得税とは、収入から経費などを引いたものに対してかかる税金のことで、所得が多くなるほど税率が高くなります。この所得税とは別に、定められた期間の課税売上高が1,000万円を超える場合は、消費税の申告もしなければなりません。しかし、インボイス制度導入後、適格請求書発行事業者は課税売上高に関わらず消費税を納税することになります。確定申告は多くの人が時間をかけてしまい負担を感じるものですが、今年度はインボイス制度によって消費税の申告も必要となる人にとってはさらに負担が増大します。そこで、確定申告をスムーズに行うためには、会計ソフトを活用し、日頃からコツコツ会計データを作成しておくことがポイントとなります。

フリーランス×会計ソフト

日本のフリーランス人口は、副業などのダブルワーカーを含めると1500万人を超え、テレワークの浸透に比例し今後もますます増加すると予測されています。会計業務は税制に関する専門知識が必要となりますが、多くのフリーランスにとっては重荷となっています。また、請求業務も書類が煩雑になりがちで面倒な作業のひとつに。これらの業務を支援する会計ソフトは今までも存在しますが、企業向けのものが中心でした。
近年ではクラウド会計サービスの登場により、会計業務の柔軟性や効率性が向上しデータをオンライン上に保存し、会計士や顧客がいつでもどこでもアクセスできるようにすることで、業務のスピードや精度が向上しています。AI技術の進化もあり、自動会計ソフトウェアや会計データ解析ツールが登場するなど、人間のミスを排除し、業務の効率性を高めるだけでなく、より正確な分析結果を得られるレベルまで達しています。しかし、スモールビジネスを営む人の仕事は、PCで行っていても、仕事の連絡やインターネットバンキングなどの利用はスマホで完結する人も多く、さらにはPCを持たずにスマホのみで仕事を終える人も増えています。
このような背景の中、会計バンク株式会社はフリーランスの業務実態に合わせ、スマホ操作だけで会計処理と請求関連業務を完結できるアプリを開発、展開しています。時間がない、PCない、面倒で後回しにしてしまう、などのフリーランスが抱えている課題を、スマホを使って、いつでもどこでも隙間時間に、請求関連業務から会計処理、さらに確定申告まで簡単にできるアプリとなっています。

会計処理は「スマホ会計FinFin」

「いつでも、どこでもスマホだけで確定申告をかんたんに解決できる」をコンセプトに開発。銀行APIやAI-OCRを駆使し、仕訳の自動化を極力行うとともに、確定申告初心者でも、かんたんに最後まで到達できるよう、会計バンク独自の対話型UXUIを搭載しています。

<機能>
① 全国の金融機関と連携
約99%の金融機関の取引明細を会計仕訳に取り込みできます。面倒な入力は必要ありません。
② カメラでレシート読み込み、かんたん仕訳登録
請求書やレシートは、スマホのカメラで撮影し会計仕訳として登録できます。伝票入力の時間を大幅に削減できます。
③ 月イチ会計で会計の習慣化
ナビゲートに従って毎月の会計を処理しておけば、確定申告時の作業を大幅に軽減できます。
④ 経営に役立つ情報をホーム画面でグラフ化
経営に役立つ、日別、月別の売上高や、経費に占める科目毎の金額割合が一目で分かります。
⑤ 必要な通知をいつでも確認、便利なお知らせ機能
銀行口座の明細を取得完了したときなど、通知機能で知らせてくれます。
⑥ 迷わない使い勝手とかんたんな初期設定
会計業務は初めが肝心。必要な設定を、迷うことなく初期設定できます。

<金額>
■無料プラン:0円
まずは「スマホ会計FinFin」を試してみたい方に。
・ログイン 利用期間60日
・過去データ閲覧 不可 (確定申告閲覧のみ)
・OCR読取り 5枚/1日
・手動口座連携 不可
・e-TAX確定申告 不可■月額プラン:税込650円/月
確定申告がすぐに必要なフリーランスの人に最適
・ログイン 無制限
・過去データ閲覧 可
・OCR読取 無制限
・手動口座連携 可
・e-TAX確定申告 可
・さらにお得な年額一括プラン 税込5,600円/年もあり
※確定申告は2024年1月から使用可能

請求関連業務は「スマホインボイスFinFin」

インボイスを簡単に作成するだけでなく、「いつでも、どこでも、もらって嬉しいインボイスのネットワークをつくる」を開発コンセプトにしたインボイスアプリ。手間のかかる請求書や領収書をスマホだけでかんたんに作成送信するだけでなく、請求書をもらった相手も受信・送信をワンタッチで行うことができます。

<機能>
① 定型作業をスマートに
定期的な請求書は、コピー機能を使うことでらくらく対応可能。毎月の請求書発行業務時間を短縮できます。
② カメラで自動識別、書類のかんたん登録
紙の書類も、スマホのカメラで読み込むだけで自動登録できます。面倒な入力は不要です。
③ 台帳機能で手間をカット
頻繁に取引のある商品や取引先に関しては、台帳として一元管理することで、処理の手間を削減します。

<金額>
■無料プラン:0円
毎月の請求書発行数が10枚以下の方
• 請求書発行枚数 月10枚
• OCR受取り 月10枚などの利用制限あり
■月額プラン:税込650円/月
毎月の請求書発行数が多い方
・機能制限なし
・さらにお得な年額一括プラン 税込5,600円/年もあり


・スマホ会計FinFin
URL:https://www.finfin.jp/sp-kaikei/
・スマホインボイスFinFin
URL:https://www.finfin.jp/sp-invoice/

・使い方動画

インボイスサービス紹介動画
スマホインボイスFinFinサービス紹介動画
  1. 【速報】堀江容疑者自宅に家宅捜索 日本橋高島屋“1000万円超の純金茶わん”窃盗事件 警視庁
  2. 水原一平容疑者から“口裏合わせ”依頼され大谷選手は拒否か 保釈金“ゼロ”で即日保釈…条件は?【Nスタ解説】
  3. 世田谷など各地に謎の「エビチリ」落書き「爆発的に増えている」誰が?なんの目的で?現場を取材するとあちこちで発見
  4. 【速報】日大ダンスサークルの男子学生(20)がビルから転落し死亡 違法薬物を転落前に使用していた可能性も 東京・上野
  5. 声優・上原あかりさんが結婚と妊娠を報告 「出産は9月を予定しております」
  6. 4月なのに新潟で32度超え、季節外れの暑さに注意! エアコンの「試運転」はお早めに【Nスタ解説】
  7. 水産高校に68歳“元船長”の新入生…担任は息子と同世代? 休み時間は質問攻め「給料は?」「テスト範囲は?」【ゲキ推しさん】
  8. ガザから目をそらす思惑も?緊迫するイランとイスラエル…中東で何が? ネタニヤフ政権を支える右派からは“過激な声”【Nスタ解説】
  9. 最大10連休、今年のGWは島根が人気 お得な割引に、混雑を避けた楽しみ方も【Nスタ解説】
  10. 【速報】1ドル=154円を突破 34年ぶりの円安水準をまた更新 きっかけは米国3月「小売売上高」発表
  11. 歴史的円安背景にインバウンド絶好調 百貨店は軒並み“過去最高”記録づくめの決算に
  12. 「セーラームーン」にご当地グルメなど「デザインマンホール」急増 マニア熱狂のイベントでは熱々“マンホール”で焼肉やお好み焼きも?【Nスタ解説】