田中希実 1500mで大会記録「良い収穫になった」800mと2レース走り切る、ドルーリー朱瑛里と初の直接対決も【金栗記念陸上】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-04-13 18:43
田中希実 1500mで大会記録「良い収穫になった」800mと2レース走り切る、ドルーリー朱瑛里と初の直接対決も【金栗記念陸上】

■第32回金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(13日、熊本・えがお健康スタジアム)

世界陸上ブダペスト代表の田中希実(24、New Balance)が屋外でのトラック今季初戦となる800mと1500mに出場した。

800mでは2分6秒08の組2位で全体でも2位。昨夏の全国高校総体(インターハイ)王者の久保凛(16、東大阪大敬愛高2年)が2分5秒35で優勝。サッカー日本代表の久保建英(22、レアル・ソシエダ)の“いとこ”としても知られている久保に最後は逆転を許した。

そこから約3時間後に1500mのレースへ。東京五輪8位入賞の田中は4分7秒98で大会記録を更新するも2位。トップでラスト1周へと向かった田中だが、残り半周を過ぎてツラカ・エスタ・ムソニ(22、ニトリ)に抜かれ、最後の直線で猛追するも逆転ならず。

また、昨夏の全国高校総体(インターハイ)1500mで3位に入った期待の若手、ドルーリー朱瑛里(津山高2年)は田中と同組で初の直接対決となったが、4分25秒45で同組9位(全体13位)でフィニッシュ。

この日のレース後、田中は「かなり状態は良くなかったんですけど、この金栗で良くも悪くもこれからのシーズンどうしていこうかなと考えるきっかけになる大会なので、逃げずに最後1500m走ってよかった」と振り返った。

1500mの大会新記録について「かなり良いレースだった。ラスト200mの課題は800mに続いて分かったので良い収穫になった」とし、五輪に向けては「まずはしっかりゼロベースから作り上げて、(6月の)日本選手権から頑張りたい」と意気込んだ。

  1. 1歳5か月の女の子がりんごを詰まらせ死亡 女の子は食事中に眠そうな様子 誤嚥防ぐために保育士が口に指を入れてかき出す 東京の認可外保育施設
  2. 【速報】シンガポール航空の旅客機がタイに緊急着陸 “乱気流”に巻き込まれ1人死亡 69人けが
  3. 「下着を見たり触ったりしていた」 群馬・高崎市の塾講師の男が同僚女性(20代)の自宅に侵入しようとしたか 複数の余罪ほのめかす
  4. 一枚の折り紙から作り出されたのは…昭和レトロなメロンソーダフロート!細かなところまでリアルに再現!
  5. 飲酒運転でガードレールに衝突 妻に身代わり依頼した千葉県の児相職員を懲戒免職
  6. 【速報】「騒いでいたから 『静かにしなさい』とオートで後ろの窓を閉めた」と30代母親が説明 2歳女児が車の窓に首を挟まれ死亡 東京・練馬区
  7. 横山ゆかりちゃん(当時4)行方不明事件 業界団体が私的懸賞金の上限を400万円に引き上げ 群馬・太田市のパチンコ店 1996年7月7日発生 話しかける不審人物が
  8. イラン・ライシ大統領らの葬儀始まる ヘリ墜落で死亡
  9. ニューカレドニアから日本人4人が出国 オーストラリア政府の協力得てブリスベンに到着
  10. 突然の「0110」に注意 相次ぐ警察装う詐欺電話【Nスタ解説】
  11. 自民党が横浜市で政治刷新車座対話 「完全に信頼を失墜した」党員の厳しい声相次ぐ
  12. 森山愛子さん「思いっきり歌い 表現し 駆け抜けます」 20周年の節目に年内で活動休止を発表