止まらぬ円安のウラに新NISA?「家計の円売りが効いている」「まさに副作用」円安抑止の“処方箋”は?

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-05-25 07:05
止まらぬ円安のウラに新NISA?「家計の円売りが効いている」「まさに副作用」円安抑止の“処方箋”は?

一時1ドル=157円を突破するなど、このところ急速な円安・ドル高が進行していますが、2024年からスタートした新NISAが円安に拍車をかけていると専門家は指摘します。その理由とは?

【画像】ドル円相場の動きと専門家のオピニオンは?

4か月で約4兆円 加速する個人の“円売り”

新NISAは非課税の投資枠が最大1800万円にまで拡充され、岸田政権の目玉政策の一つとも言えますが、その開始とともに、日本国内から海外への資産流出が、急速に進んでいます。

財務省によると、2024年1月、投資信託委託会社による海外の株式や債券などへの投資は、過去最大となる約1.3兆円を記録しました。

また、2024年1月から4月の合計では、4兆円程度となっており、前年の2023年では、1年の合計額が、約4.5兆円だったことを踏まえると、このままのペースでいけば前年の約3倍に膨らむ可能性があります。

みずほ銀行のチーフマーケット・エコノミストである唐鎌大輔さんはその理由を「“家計部門の円売り”と呼んでいるけれども、日本人の円売りが効いてるんだろう」と説明します。

つまり、新NISAがきっかけとなり、価値が下がっている日本円を売って、より価値のある外貨に乗り換える動きが、日本の個人投資家の間で、加速しているというのです。

唐鎌さんは「個人投資家の円売りは、機関投資家に続く存在感として、今後、海外でも注目されてくる」と見ています。

円を持っていることへの不安がスパイラル的に動いてしまっている

新NISAが円安に拍車をかけているとの指摘について、大和証券チーフエコノミストの末廣徹さんは、「元々、NISAは将来、長いスパンでの資産形成のための制度なので、短期的な理由だけで悪いというのはよくない」と前置きしながらも、円安の急進は「副作用」だと指摘します。

また、その背景について「将来の不安から、みんながNISAを使って、かつ外貨に投資をするような形でそれがまた円安につながって、もっと不安になって…円を持っていることへの不安がスパイラル的に動いてしまっている」と説明します。

では果たして政府はこうした動きを予想できなかったのでしょうか?

「これはこれで正解だった」と思っている

みずほ銀行の唐鎌さんは、政府は新NISAをきっかけとした円安の加速を「予想できた」と話します。

というのも、日本人が国内の株を売って、海外の株を買う動きは既に2020年から出ていたというのです。

ただ、政府が「資産運用立国」の実現を掲げる中で、海外の株式に投資することに制限を設けることは難しかったのではないかと推察しています。

その上で、新NISAのあり方について「制度はシンプルな方が良いので、最初は何の制限もなく始まったことは『これはこれで正解だった』と思っている」としています。

大和証券の末廣さんも「日本人は投資に対する心理的ハードルが高いと言われていて、それをうまく解消するという意味では、かなりうまくいってる制度だと思う」と話します。

しかし、円安の進行に歯止めをかける手段はないものでしょうか?

「国内投資枠」の設置という一つの“処方箋”

みずほ銀行の唐鎌さんは、円安抑止の“処方箋”の一つとして新NISAにおいて現在の「つみたて投資枠」と「成長投資枠」に加えて、「国内投資枠」を設置することを提案しています。

この「国内投資枠」に何かしらの優遇をつけることで、「将来的に家計から出てしまうであろう海外への流出を抑える効果があるのでは」と考えています。

日本のNISAがお手本としたイギリスのISAでは、同じ様な内容を含む改革案の検討が進んでいるということで、今後、前例になりうるか注目されています。

<取材協力>

みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト 唐鎌大輔[からかま・だいすけ]
 大和証券エクイティ調査部チーフエコノミスト 末廣徹[すえひろ・とおる]


(TBS NEWS DIGオリジナルコンテンツ「経済の話で困った時に見るやつ」より抜粋)

  1. 【DeNA】西武とのカード初戦制し5連勝!濵口が6回1失点で今季初勝利 度会に先制打 敵失の間に勝ち越し筒香&佐野で追加点挙げる
  2. 【ヤクルト】2年ぶり一軍登板、奥川恭伸が5回1失点の力投で980日ぶりの勝利! 村上が先制打 オスナに9号ソロも
  3. 金日成氏の記念碑に墨汁 北朝鮮の反体制派組織「新朝鮮」
  4. 「暑くて焦げます。溶けそうです」全国16の観測地点で猛暑日で京都は35.9℃に…北関東では“猛暑サービス”も
  5. 「都知事選は実質“ステルス自民”に…」抜け穴だらけの“裏金”規正法に「顔洗って出直せ」立憲民主党・野田佳彦元総理【国会トークフロントライン】
  6. 5.6人に1人が認知症時代へ 認知機能をゲームでチェック 6月14日は「認知症予防の日」【Nスタ解説】
  7. 「人質の絶対安全を胸に」インターネットカフェでの立てこもり事件想定の訓練実施 対応などを従業員にレクチャー 埼玉県警
  8. トヨタ 認証不正の影響 来月以降も対象3車種の生産停止 クラウン新型車も発売延期
  9. 東京・港区を走行中の従業員送迎バスで男性が刃物で切り付けられる 警視庁が同じバスに乗っていた中国籍の男を逮捕 2人の間でトラブルか
  10. 暑さ乗り切る夏のひんやりグッズ新定番登場 体重計のような扇風機に熱帯夜にオススメ!水流快眠マット【Nスタ解説】
  1. 【速報】東京・港区港南 バスの中で20代男性が刺される 病院搬送も意識あり 当時バスには26人が乗車
  2. 東京・港区港南 バス内で20代男性が刺される 男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕 被害者は意識あり
  3. 【速報】東京・港区港南 バスの中で20代男性が刺される 品川駅から乗車の男が突然刃物のようなもので乗客切りつけ その場で身柄確保
  4. 釣り中に“獣臭” 振り向くと目の前にクマが 「クマァ~」と叫ぶと… 静岡市・清水区
  5. BTS・JINさん、ファン1000人とハグ会 一部ファンがJINさんにキス試みて批判相次ぐ
  6. 古賀紗理那、パリ五輪出場決定に「率直に嬉しく感じます」石川真佑「残りの2試合もすごく大事」【選手コメント】
  7. 小池百合子知事と蓮舫議員が同時刻に会見 何を語った?東京都知事選
  8. JR東海が「N700S」の追加投入を発表 一部にドクターイエローの機能に加え最新の検査技術搭載で省人化にも期待
  9. 暴行容疑で逮捕の読売新聞社員の男性を不起訴 東京地検
  10. 黒後愛、26歳のバースデーに五輪決定の知らせ「Wで本当にうれしいです」「充実した日々にしたい」【ネーションズリーグ】
  11. 日銀、国債買い入れ減額方針決定も具体策は先送りに 「追加利上げ」など円安対応策は後ズレする可能性も
  12. 韓国で人気の「屋外図書館」!川沿いで涼みながら読書!ある場所を大工事したソウル中心部のチョンゲチョンをすたすた!