「真綿で首を絞める」とは?どんな意味?その類義語は?

2023-04-03 00:30

じわじわと責めて追い詰めることを「真綿で首を絞める」と言います。
これらは遠回しに苦しめたり痛めつけたりすることを言った表現の1つです。

今回はそれら「真綿で首を絞める」について解説します。
特にここでは「真綿で首を絞める」の意味や由来、語源についてもわかりやすく説明します。

「真綿で首を絞める」とは

まずは「真綿で首を絞める」の意味について見てみましょう。

「真綿で首を絞める」の意味

「真綿で首を絞める」とはじわじわと責めて追い詰めることの例えです。
これらは遠回しに苦しめたり痛めつけたりすることを意味します。

その多くは直接的に追い込むのではなく間接的に追い込むことを言う表現となります。
つまり、一撃で大ダメージを与えるのではなく時間をかけてダメージを与えることを指すわけです。

例えば、一撃必殺の奥義ではなく毒で拷問するような様子を想像するとわかりやすいかもしれません。

「真綿で首を締める」も間違いではない

これらの表現は通常だと「真綿で首を絞める」と書くことが多いです。

しかし「真綿で首を締める」でも間違いではありません。
そこはどちらの「しめる」を使用しても問題はありません。
その一方「綿で首を絞める」や「綿で首を締める」は誤用となります。

あくまでも「綿」ではなく「真綿」なので注意しましょう。
その点については次の成り立ちに関する項目で詳しくまとめます。

「真綿で首を絞める」の成り立ち

ここからは「真綿で首を絞める」の由来や語源をまとめます。

その苦しみ方から生まれた言葉

「真綿で首を絞める」は苦痛を与えられる様子から生まれた言葉だとされています。

実際に真綿で首をゆっくり絞められるのは苦しく痛いものです。
しかし、逆に一気に首を絞められれば苦痛を感じることなく絶命できるかもしれません。

例えば、日本刀で一気に首を落としてしまえば苦痛も一瞬で済むはずです。
逆にノコギリで何度も往復しながら首を落とされるのは苦痛でしかありません。

それらゆっくりと苦痛を与えられながら追い込まれていく様子を例えたのが「真綿で首を絞める」となります。

表現としては「綿」ではなくあくまでも「真綿」

「真綿で首を絞める」はあくまでも「真綿」となります。
単なる「綿」となると意味が変わってしまうので注意しましょう。

事実「綿で首を絞める」「綿で首を締める」は間違いです。
実際に「真綿」と「綿」には明確な違いも存在します。

「真綿」は蚕の繭を引き延ばして乾燥させ綿状にしたものです。
これらは現代ではシルクなどの素材として知られています。
逆に「綿」はもともと木綿と呼ばれるものを意味するのです。
これらは現代だとコットンなどの素材として知られています。

当然「真綿」の方が「綿」よりも柔らかくて滑らかです。
そのため「真綿」で首を絞めたところですぐに息絶えるということはありません。
もちろん「綿」でも亡くなるということはあまりないはずですが、コットンとシルクではそもそも性質が違うのです。

それら柔らかく舐めやかな「真綿」で首を絞められると、簡単には絶命できないために苦痛が長引くわけです。
そこから生まれたのが「真綿で首を絞める」となります。
そこは「綿」ではないと覚えておきましょう。

「真綿で首を絞める」の類義語

最後に「真綿で首を絞める」の類義語も見ておきましょう。

蛇の生殺し

「蛇の生殺し」とは、半死半生にして殺しも生かしもしないことの例えです。
転じて、物事の決着をつけずにそのまま放置してしまうことなども言います。

これらは蛇自身が生殺し状態であるところから来た言葉です。
事実、蛇を苦しめたり痛めつけたりする状況を言う言葉です。
それら苦痛を与え続けるという点が「真綿で首を絞める」と似ていると言えるでしょう。

生かさず殺さず

「生かさず殺さず」とは、生かしもせず殺しもしないことの例えです。
かろうじて死なずに生きていける程度の状態に置くことを言います。

これらは中途半端に苦痛を与え続ける様子から来た言葉です。
苦痛を与え続けるような状態に追い込むというところが「真綿で首を絞める」に通ずるのではないでしょうか。

まとめ

「真綿で首を絞める」はじわじわと責めて追い詰めていくような様子を例えた表現です。
これらはゆっくりと苦しめたり痛めつけたりすることを言います。

なお、「真綿で首を絞める」は「綿」ではなく「真綿」なので、そこは別物として解釈しましょう。
「綿」はコットンで「真綿」はシルクなので、混合しないよう注意が必要です。

関連記事はこちら

  1. 遠野なぎこさん 「もぉ、地獄」「急に気持ちが悪くなり」 体調不良を明かす 「人間の身体って、こんな風にSOSを出すんだね」
  2. ブラザー・コーンさん「中居正広からお見舞いが届きました」中居さんからの手紙「ガン晴りましょう」も披露 1日には抗がん剤の副作用での疲れを告白
  3. 【ロッテ】9回2死満塁、小川が11球粘って同点押し出し 中盤に勝ち越し許すも土壇場で引き分けに
  4. AMDアワード2023年 大賞に日曜劇場「VIVANT」
  5. 「独立反対、祖国統一」全人代で李強首相強調 経済面での取り込み図る方針維持か 「平和的統一」文言消え警戒する声も
  6. 同性パートナー遺族給付金訴訟 最高裁弁論「パートナー失う損害は異性同士カップルと差はない」原告側訴え
  7. ディズニーランドでシンデレラ城を撮ろうとすると・・・とあるものが高確率でフレームインしてくる(笑)
  8. 『首、どこいった?』黒猫の体の一部がわからなくなってしまった姿に「収納式…?」2.2万いいねを集める
  9. パピーの訪問に盛り上がるわんこ姉妹と控えめな弟わんこ「立ったまま寝ちゃった!」「優しい対応にほっこり♡」
  10. アルゼンチン国営通信の業務停止、大統領が左派の「プロパガンダ機関」と非難 閉鎖を宣言
  1. 「うまい話があると思ってしまった」小6男児が同級生に93万円支払う【ひるおび】
  2. 「投光器が発火させるほどの高熱を発していることを認識できた」5歳児死亡 東京・明治神宮外苑オブジェ火災 元学生に罰金50万円 東京簡裁
  3. 強盗傷害容疑で逮捕の声優男性(48)を不起訴 東京地検
  4. 【独占入手】「ルフィ」Gのかけ子・山田李沙被告の手記 東京・狛江強盗事件で90歳女性が死亡したことに幹部らが“焦る”場面も…
  5. 「今週 関東は2回雪のタイミング」あすにかけて関東山沿いで大雪 金曜日は東京でも雪の可能性
  6. “フランスのスパイダーマン”がフィリピンの高層ビルに出現 登頂に成功も警察に拘束
  7. みずほ銀行が10年ぶりの新規出店 口座開設特化型の店舗
  8. 習近平国家主席の肝いり“理想都市”とは? 「雄安新区」に6年で10兆円以上投資 「深セン」との大きな違いは“自由参入”が認められていないこと
  9. マイナス金利解除はいつ? 住宅ローン金利など生活への影響も カギは春闘
  10. スーパーチューズデー直前にトランプ氏が“大きな勝利” 連邦最高裁が大統領選への出馬資格認める
  11. Uber Eatsがあすから国内初の自律走行型ロボットを使ったフードデリバリー 東京の日本橋周辺で開始 順次サービス範囲を広げていく予定
  12. 森永卓郎さんの「フェイク音声」も… 株価4万円超や新NISA、高まる“投資熱”の裏で手口が巧妙化 有名人をかたる投資詐欺【news23】