新谷仁美「日本記録を目標に」「どんなにタイムを更新されようとも」と力強く宣言、前田の記録更新狙う【東京マラソン】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-03-01 13:23
新谷仁美「日本記録を目標に」「どんなにタイムを更新されようとも」と力強く宣言、前田の記録更新狙う【東京マラソン】

「東京マラソン2024」(3日)の前々日会見が1日、都内のホテルで行われ、女子の招待選手として新谷仁美(36、積水化学)が出席。

「コンディションは普通になります」と話した新谷は、「私はただ自分の目標達成のために走り抜きたいと思います」と意気込み、「私はこのマラソンを始めてからどんなにタイムを更新されようとも、やはりそこの部分は一切変わらず追い求めてきたものなので、日本記録を目標に頑張っていきたい」と力強く語った。

新谷は昨年10月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を辞退し、パリ五輪代表選考会には出場せず、記録更新に挑んできた。昨年1月のヒューストンでは日本歴代3位となる2時間19分24秒の自己ベストを記録。

その日本記録については、1月の大阪国際女子マラソンで前田穂南(27、天満屋)が2時間18分59秒を叩き出し、日本記録を19年ぶりに塗り替えた。新谷はさらなる記録更新を狙う。

さらに海外招待選手として、昨年のシカゴマラソンで世界歴代2位の2時間13分44秒をマークしたシファン・ハッサン(31、オランダ)も会見に登壇し、「参加できることをうれしく思います。良い準備が出来ています。私の心の中で特別な位置づけです」と話した。

世界陸上や五輪では“トラックの女王”として活躍し、マラソンはこれまで2戦2勝。パリ五輪ではどの種目で出場するのかを聞かれると「私自身も自問しているところ。まだ決めていない。どこで一番力が発揮できるのか見極めたい」と話すに留めた。

  1. 圧巻!大谷翔平 2試合連続6号 今季最長飛距離137m&今季最速191キロ、初登場の首都ワシントンDCで完璧アーチ
  2. 【喫茶マック2024】メープルバターホットケーキパイ実食レビュー【マクドナルド】
  3. トランプ氏「麻生氏は素晴らしい人」「偉大なシンゾーを通して知り合ったんだ」麻生太郎副総裁と会談
  4. タイで日本人とみられる切断遺体 事件に関与の疑いある日本人2人を捜査
  5. 女性養護教諭(27) 保健室で生徒と何度もキス 問題発覚後に『もみ消し』行為も… 三重県が懲戒免職処分に
  6. 大谷翔平 今季2度目の2試合連続6号 首都・ワシントンDCで初ホームラン、ナショナルズ戦初アーチで26球団&24球場制覇
  7. トランプ氏が円安について「愚かな人々には聞こえがいいが、製造業などには大惨事だ」
  8. 「遺体処分のためにガソリン買った」逮捕の25歳男供述、現場には別の2人が向かう…男女焼損遺体事件【news23】
  9. 【脳トレ】「鉃」の中に紛れて1つ違う文字がある!?あなたは何秒で探し出せるかな??【違う文字を探せ!】
  10. 【速報】麻生副総裁とトランプ前大統領の会談について上川外務大臣「一議員の活動にコメント控える」
  11. 子猫が『連れて帰って』と一心不乱に着いてきて…運命的な出会いの様子に目頭が熱くなると724万再生「可愛すぎて涙」「無視できない」
  12. 「組織が小さく声を上げにくい」ハラスメント受けたらどうすれば? 愛知・東郷町長「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」認定【news23】